ノートe-POWER 4WDをライバル比較すると分かることと結論は

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

32-1

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note.html

今、最も売れているコンパクトカーは日産ノートe-POWER です。

ノートe-POWER は、2018年日本自動車販売協会連合会が発表した車名別年間累計販売台数によると、日産ノートe-POWERが日産史上初めて車名別年間販売台数でトップに立ちました。

今回は、そのノートe-POWERに4WD仕様が発売されていますが、実力の方はどのようになっているのでしょうか。

ノートe-POWER4WDは、ノートe-POWERと同じように、発電用のガソリンエンジンと駆動用の電気モーターが搭載されていますが、ノートe-POWERとノートe-POWER4WDの違いは、電気モーターの搭載されている数です。

ノートe-POWERは駆動用の電気モーターが1つ搭載されていて前輪を駆動させて走行しますが、ノートe-POWER 4WDは前輪用モーターと後輪用モーターの2つを搭載しています。

電気モーターを2つ搭載することで電気モーターでもパワーを落とさず4WD走行ができるようになっています。

そして、燃費性能も優れており、公式で発表されている燃費が28.8km/Lととても低燃費となっています。

なぜ4WDでそこまで低燃費かと言うと、ガソリンは発電用エンジンを動かすために使用するのでガソリンの消費が少なく済みます。

ノートe-POWER4WDはスイッチで2WDと4WDを切り替えができ、一定のスピードに到達すると自動で4WDから2WDに切り替えてくれて電気の消費を抑えてくれます。

32-2

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note.html

そして、2WDで走行しているときに雪や雨などで後輪が空転するとセンサーが感知して自動で4WDに切り替えてスリップを防止してくれます。

ドライビングの楽しさと低燃費の両方を兼ね備えたノートe-POWER4WDは、ノートe-POWERのように売れているのでしょうか?

知ってますか?

ノートe-POWER 4WDのように希少性と需要の高い車は、買取価格が高めなのを!!

10社の買取価格で検証

【ノートe-POWER 4WD】は売れていますか?

32-3

ノートe-POWER4WDは、ノートe-POWER ほど販売台数はいってません。

ノートe-POWER 4WDは雪道や雨で濡れた道路での安定性がノートe-POWER より優れているので主に雪の降る地域(東北や北海道)では人気となっており、購入する人が多いそうです。

雪の降らない地域の人でもウィンタースポーツを趣味などでしている人もノートe-POWER 4WDを購入されて冬の時期にスキーやボードなどに出掛けています。

ウィンタースポーツの時期以外の時はコンパクトカーとして運転がしやすく、狭い道路も走行しやすいので冬以外でも十分活用ができます。

SUVを購入する人も多いですが、SUVだと燃費が平均16km/Lと車体自体も大きく市街地などでの走行時には狭い道を走行できないなどのデメリットもあるのでコンパクトカーで4WDのノートe-POWER 4WDを購入されています。

確かにSUVなら荷物も多く積めて安定性も優れていますが、道幅がある程度広くないと走行できないのと運転に慣れていないとなかなかSUVを上手く運転するのは厳しいですよね。

ノートe-POWER 4WDなら小回りもききますし女性でも運転しやすいので幅広く使用することができますね。

スポンサーリンク

【ノートe-POWER 4WD】ライバル比較で4WD性能を評価

次に、ノートe-POWER 4WDの4WD性能をライバルと比較し評価してみたいと思います。

32-4

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note.html

今回は、スズキから発売されているコンパクトカーで4WDのスイフトRS 4WDと比較してみたいと思います。

スイフトRS 4WDは2018年10月に発売が開始され、ガソリンエンジン駆動の4WDとなっています。

スイフトRS 4WDは、ビスカスカップリングを用いたパッシブオンデマンド式を採用しています。

2WDと4WDの切り替えが可能で2WDで走行中にタイヤが空転をするとスリップ防止の為に4WDへと自動で切り替わります。

パッシブオンデマンド式は2WDから4WDに切り替わる際にタイムラグがあるので、違和感を感じることもあります。

ノートe-POWER 4WDの場合は、前輪と後輪で駆動用モーターが搭載されているので2WDから4WDへの切り替えの際のタイムラグは全然ないです。

スイフトRS 4WDの坂道で一旦停止して再発進する場合は、4WDなので安定した発進ができます。

ガソリンエンジン車はブレーキからアクセルに踏み替えた時にトルクの回転が徐々に上がって車を動かすので、アクセルを踏んでから動き出すまで時間差があり、車体が少し後ろに下がってしまう傾向があるので、後ろに車が居ると少し焦ることがあります。

一方、ノートe-POWER 4WDの電気モーターはゼロ発進時から最大トルクを発揮できるので坂道発進でもトルクが上がるまでのタイムラグが無いのが特徴です。

アクセルを踏んでからすぐに動き出せるので、後ろに車が居ても焦ることなく発進することが可能です。

ノートe-POWER 4WDもスイフトRS 4WDも4WDなので雪道や雨などには強く安定した走行が可能ですが、ガソリンエンジンは、最大トルクに到達すると自然にトルク数が下がりスピードが落ちてきます。

しかし、ノートe-POWER 4WDの電気モーターは最大トルクに到達してもそのままのトルク数をキープすることができるので、アクセルを踏み直す必要がなく安定した加速が可能です。

ムラがないってことは、スピンする可能性も低くなるので、加速だけではなく減速の時も一定の力で減速できるノートe-POWER 4WDの方が安定性が高いです。

スポンサーリンク

【ノートe-POWER 4WD】ライバル比較で燃費を評価

次は、ノートe-POWER 4WDとスイフトRS 4WDの燃費性能について比較してみましょう。

32-5

まずノートe-POWER 4WDの燃料消費率JC08モード28.8km/Lとなっており、スイフトRS 4WDの燃料消費率JC08モード22.8km/Lとなっています。

一般的に4WDの平均燃費は、14~18km/Lとなっていますが、スイフトRS 4WDはガソリンエンジン駆動で燃費が22.8km/Lはとても優秀だと思いますが、電気モーター駆動のノートe-POWER 4WDよりは劣りますね。

ノートe-POWER 4WDは発電用エンジンを動かす時だけガソリンを消費するので、ガソリンエンジンよりは、消費が少ないので4WDでも低燃費で走行できるようになっています。

ちなみに実燃費では、スイフトRS 4WDは平均18~20km/Lでノートe-POWER 4WDは24.2~26km/Lと実燃費でもノートe-POWER 4WDの方が優秀となっています。

実燃費は乗る人の環境によって異なるので、実燃費の平均より下回ることもあります。

特に夏場のクーラーをつけて交通量の多い道路や坂道の走行などをすると燃費が悪くなる傾向があります。

再発進の時にアクセルを踏むときが1番燃料の消費が多いので、交通量の多い道路ではストップ&ゴーの回数が増えるので燃費消費率の数値が悪くなります。

【ノートe-POWER 4WD】ライバル比較で総合評価

上記で紹介した内容も踏まえて、最後にノートe-POWER 4WDとスイフトRS 4WDの総合評価を紹介します。

32-6

個人的ですが、スイフトRS 4WDは5点満点中3点だと思います。

スイフトRS 4WDはガソリンエンジンならではのエンジン音とパワフルな走行ができるのと、燃費もガソリンエンジンのコンパクトカーの4WDでは上位に入るくらいの低燃費を実現しています。

アクセルを踏んでからのタイムラグや一定のトルクをキープできないのでパワーにムラが出てしまうので総合評価では3点と付けました。

ノートe-POWER 4WDの総合評価は5点満点中4点です。

電気モーターだからこその低燃費や、アクセルを踏んでから動き出すまでのタイムラグが少なく、モーターも一定のパワーをキープできるので安定した加速や減速が可能なので評価は高いです。

しかし電気モーターの電気量が少なくなると走行中に発電用エンジンンが始動するので、静かな車内にエンジン音が聞こえてくるのが少し気になりました。

あとは、人によりますが、パワフルな走りをしたい人はやっぱりエンジン音が聞こえないと物足りないという人も居てました。

しかし、ノートe-POWER 4WDの走行性能は満足いくものなので総合的に4点となります。

【ノートe-POWER 4WD】ライバル比較 まとめ

今回ノートe-POWER 4WDを比較しましたが、ノートe-POWER 4WDの性能を理解していただけたでしょうか?

電気モーター駆動のノートe-POWER 4WDはガソリンエンジン車に負けないくらいの性能を持っているのでコンパクトカーの購入を考えている人は是非1度ノートe-POWER 4WDの試乗をオススメします。

新車の値引き金額よりも、更に50万円やすくする裏技!とは

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、新車の購入を
検討しているけど
悩みは尽きません…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

車の情報を
ネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、
誰も答えてくれません。

家族に相談しても、
「じゃあ安いこっちでいいじゃない」
と一蹴。

違うっ!そうじゃないんだ!

そんなあなたにおすすめの裏技は
こちらです。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使う!
たった、これだけです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になる
ことも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

コメント