ekクロスのカラーのデザイン上の特徴と人気色。買うならこの色を狙うべき!

ekクロスのカラーについてまとめてみました!

実は、ekクロスのカラーは三菱の中でも珍しいスタイルなんです・・・。

色鮮やかな色彩で彩る「ekクロス」選び方人気が出そうなカラー予想、リセールバリュー

しっかり見てみましょう。

スポンサーリンク

フローティングルーフが特徴のカラー

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/ek_x/exterior/

ekクロスは三菱で初めて?

「フローティングルーフ」を採用した三菱の車って私の知る限り、ekクロスが初だと思います。

それぐらい先進的なデザインですよね。

ルーフを繋ぐ部分ブラック系の塗装にして、フローティング(浮いている)ルーフ。

車にカジュアルさ、スポーティさの印象を与えるデザインです。

個人的に、玄人向けで硬派なイメージが三菱のイメージでした。

ekクロスのカラーで特徴と言えば「フローティングルーフ」、過去どの三菱車よりもファッショナブルな見た目です。

ekクロスのスペックについては、こちらから。

スポンサーリンク

ekクロス買うなら2トーンかソリッドか?

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/ek_x/exterior/

2トーンこそ、少しずつ出ていますがフローティングルーフが目新しい「ekクロス」。

つまり、カラーバリエーションが増え、選択肢がぐんっと広がりました。

ここで浮上するのは、2トーンかソリッドか?どっちが良いの問題です。

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/ek_x/exterior/

2トーンカラーのラインアップはこんな感じ。

前述したように、ekクロスの特徴とも言えるフローティングルーフはこっちが映えますよね。

結局のところ、二色の色分けでの視覚効果が原理です。

私個人の好みは抜きにして、ekクロスを名指しで購入するなら断然こっちな印象です。

  • カジュアル感のあるカラーが好み
  • スポーティなカスタムを考えている
  • ekクロスに一目ぼれした

これに当てはまるなら2トーンを選ぶと幸せになれそうです。

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/ek_x/exterior/

ekクロスのソリッドカラーを見てみましょう。

2トーンカラーを推していますが、こちらも魅力的。

ソリッドカラーの魅力はそのシンプルさメンテナンス性があります。

飽きにくいのと、コーティング剤が1種類で済む点です。

コーティング剤って車体色によって選ぶので2トーンは少々不便なんですよね。

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_standard/exterior/

ソリッドカラーで最初の印象は「小さいデリカみたいで可愛らしい」

ブラックマイカが特に良いのでは?

シックで大人なイメージカラーで、小さく見せる視覚効果の「ブラックマイカ」。

まるでちびっ子がタキシードを着た見たいなイメージが浮かびます。

 

硬派だけど、ちょっとアンバランスな可愛さが感じられるのがソリッドカラー。

カジュアルだけど、スポーティさもあるのが2トーンカラー。

アナタの好みはどっちですか?

スポンサーリンク

ekクロスの人気カラーとリセールバリュー

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/ek_x/exterior/

ekクロスの人気カラーは、定番である「ブラックマイカ」でしょう。

経年劣化がしにくいことから、コンディションが保たれやすくリセールバリューも安定しやすいです。

同じ理由で、「ホワイトパール」や「チタニウムグレー」もリセールバリューは高くなりやすい傾向にあります。

ekクロスのカラーラインアップでは、「ブラックマイカ」と「チタニウムグレー」はオプション料金は発生しません。

しかし、「ホワイトパール」は32,400円のオプション料金が発生します。

汚れが目立ちにくいホワイトパールは、3つの人気カラーの中で最もリセールバリューが期待できそうですね。

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/ek_x/grade/

ekクロスの公式サイト、見積もり画面でオススメ順にすると「サンドイエローメタリック&ホワイトソリッド」が最初に出てきます。

ekクロスのイメージカラーとして推薦したいのでしょうか?

リセールバリューでは、その車のイメージカラーが高くなる場合があります。

2トーンはekクロス、もとい三菱としては非常に珍しいカラーリングなのはお話ししましたね。

カラーが色あせやすい部分の一つとして、ルーフが挙がります。

モロに雨にさらされるルーフが、ソリッド系のホワイトルーフなのは理にかなってます。

もう少し時が流れて、ekクロスの情報が集まった上でリセールバリューは見極めたいです。

「サンドイエローメタリック&ホワイトソリッド」が定番として定着すればリセールバリューの期待値は上がるでしょう。

スポンサーリンク

ekクロス買うならこの色で決まり

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/ek_x/exterior/

ekクロスのカラーってどれも上手に似合っていて決められない!

何でこのカラーを選んだの?

みたいなハズレがないのは良いですが、選べないアナタのためにカラー別のポイントまとめてみました。

シンプルな色合いで飽きにくいカラー

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/ek_series/special/

  • ターボが欲しくて選んだ
  • 小さいデリカみたいで可愛い
  • 年齢的にも落ちついた色が良い
  • 売るときに安いのはチョット・・・

迷ったら結局この色になってしまうのは人の嵯峨。

デザイン、周囲からの目の引き方、メンテナンス、リセールバリューどれもバランスが良い。

長く乗りたいならシンプルかつ「THE・無難」なこの3カラーで決まりです。

派手すぎず、おしゃれさを感じさせるカラー

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/ek_series/special/

  • 黒や白系のカラーでは物足りない
  • フローティングルーフが好みじゃない
  • 絶対ブルーカラー!絶対レッドカラー譲れないこだわりがある
  • 周りから明るい印象で見られたい

まるで色鉛筆のようなカラフルな3兄弟。

色分けといった意味では、もともとエクステリアはシルバー、ブラックとギア感のあるデザインです。

ekワゴンのクロスオーバーさを感じられるのカラーと言えばこれでしょう。

ちょっとアクティブさを意識するならこのカラーから!

軽とは思えない完成度をアピール

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/ek_series/special/

  • 過去に車のルーフをカスタムした経験がある
  • 日産リーフやトヨタCH-Rが好み
  • オシャレには気を使う方だ
  • 三菱ファンとして自覚がある

個人的にも今回の目玉だと2トーンに関しては思います。

ただルーフのカラーが違うだけで印象は大きく変わりますよね!

私自身、車のルーフをラッピングシートで2トーンにカスタムした経験もあります。

どうせ後でカスタムするなら、3万円ぐらいのオプション料金は高くないでしょう。

自家塗装では難易度も高いですし、塗装屋に頼んでも結構な値段がしますから。

スポンサーリンク

まとめ

最後まで読んで頂きありがとうございます。

他のオプションと比べてボディカラーってすごく悩みますよね。

最近の軽自動車は特に「純正でこんなカラーリングできるの!?」と思うほどに豪華なバリエーションが用意されています。

他の記事でもお話しした気がしますが、直感で選ぶのがベストだと私は思います。

長く乗るなら、飽きたタイミングで他のカラーに変えてしまえば良いです。

例えば、5年前の自分の私服と今では好みが違いますよね?

車だってそうです。

その時ごとにベストカラーにチェンジして、長く走ってあげると愛着も湧きます。

 

コメント