ノートe-POWER試乗の必要性と納期の最新情報と納車時の手引き

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

40-1

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note.html

ノートe-POWERは車自身が発電を行い走行する新しい電気自動車として注目を浴びました。

燃費も最高37.2km/Lととても低燃費で価格も200万円前半と手が出しやすい価格設定なので全国で幅広い年代の人が購入され、2018年には最も売れた車となりました。

今回は、ノートe-POWERの試乗と納車時のポイントを紹介したいと思います。

最近では、どこの販売店でも試乗ができるようになってきていますが、試乗はした方が良いんでしょうか?

【ノートe-POWER】試乗をしないとやばい

40-2

「やばい」は言い過ぎかもしれませんが、試乗とは1番ノートe-POWERとはどんな車かを理解できる場面だと思います。

カタログを見るだけでもある程度どんな車かはわかると思いますが、走行性能の数字を見てもこの数値は優れているのか劣っているのかはわからないですよね?

実際に乗って体験することで自分が求めている車なのかを判断することができます。

車内のスペースも実際に自分自身が乗ってみないと購入した後に「狭い」と感じても車内を広くすることができないので、購入前に試乗した方が後悔をしなくて済みます。

人によって車の価値観は違うので

「ノートe-POWERは広くて運転しやすい」

と思う人も居れば

「圧迫感が少しある。ハンドルが軽すぎる」

と反対の意見もあります。

口コミや今回の記事はあくまでも参考のつもりで見てください。

実際に自分自身が乗った時に「乗りやすい」と思ったら、自分にとっては相性が良い車ってことになるはずです。

試乗するところまで足を運ばないといけませんが、是非試乗をすることをお勧めします。

スポンサーリンク

【ノートe-POWER】試乗時の注意点とポイント

次に試乗時の注意点とポイントを紹介したいと思います。

40-3

試乗は、横に販売店の人も乗りますし、自分の車ではないので緊張をして、なかなか細かいところまで見る余裕はないと思います。

でも、せっかく試乗するのであれば、見落とすことがないように意識をして試乗してみましょう。

1つ目のポイントとして車内空間です。

車内の広さを体験して十分な広さと視認性があるかを見てみましょう。

もし、狭いと運転中に圧迫感を感じてしまい、ストレスになってしまいます。

運転席に座り前方だけではなく後方やサイドの死角部分が少ないかを確認しましょう。

体型によって死角の範囲が変わってくるので、自分が乗った時に運転に支障がないくらいの死角なのかを把握しておきましょう。

そうしておかないと購入した後に、助手席側が見えにくく運転しにくいと思ってしまい後悔してしまうこともありえます。

事故にも繋がりやすくなるので、しっかりと車内空間の広さと視認性は確認しておきましょう。

2つ目のポイントは、ハンドリングの重さです。

比較的ノートe-POWERのハンドルは軽めで交差点などでハンドルを切るときスムーズに回す事ができると言われています。

これも個人差があるので、自分的には重たいのか?軽すぎないのかを体験しておきましょう。

ハンドルが重たすぎると腕に負担がかかり長時間運転するとすごく疲れが溜まりやすくなります。

逆にハンドルが軽すぎるとハンドルを切りすぎてしまうことになるので、自分にとってベストなのかをみましょう。

3つ目のポイントは、加速性能です。

ノートe-POWERは、電気モーター駆動で走行中はとても静かに走行することができます。

走行中に発電用エンジンが作動するとエンジン音が車内に聞こえて「気になる」と言う口コミもあるので、どの程度の音なのかを聞いておきましょう。

そして加速もアクセルを踏んだ瞬間から最大トルクを発揮できるのでスムーズな加速や坂道でも車体が後ろに下がらず発進ができるとカタログなどには記載されています。

本当にスムーズで坂道でも下がることなく発進することができるのかを体験しましょう。

もし、試乗で体験しておかないと実際に購入した後に坂道発進で下がらないと思っていて少し車体が下がってしまったら焦ってしまうことになります。

試乗の際は平坦な道ではなく坂道なども走行して、その時の性能も見ておきましょう。

ノートe-POWERはアクセルを緩めるだけで減速ができる性能が搭載されています。

交通量の多い道路などでのアクセルとブレーキを踏み変えることなくアクセルだけで速度調整が可能となっています。

しかし、どれくらいアクセルを緩めたら減速するのか、どれくらいの減速加減なのかを試乗時に確かめておくとどれくらい便利な機能なのかを理解することができます。

通常は停止するにはブレーキが必要となります。

でも渋滞時などアクセルとブレーキを交互に踏み替えるのは足に負担がかかるので、アクセルだけで加速・減速ができる機能は是非体験しておいた方が良いです。

ノートe-POWER の購入費用については、こちらから

スポンサーリンク

【ノートe-POWER】納期の最新情報

40-4

次はノートe-POWERの納期の最新情報を紹介したいと思います。

2019年の1月~2月段階では納期が2ヵ月となっています。

2018年は注文数も多かったので納期まで半年以上と長かったですが、2019年に入り少し落ち着いてきたので、納期まで約2ヵ月と短縮されています。

早ければ1カ月で納車されたと聞いたこともあります。

その為、早く納車をしてほしい人は今が狙い目だと思われます。

【ノートe-POWER】納車時のチェックポイント

次に納車時に確認した方が良いチェックポイントを紹介したいと思います。

40-5

製造段階でメーカー側が確認をしていますが、納車後に不備があり、販売店とトラブルになった人の話を聞いたことがあります。

車はほとんどの部品が消耗品となっているので、新品だからと言っても初期不良の物もごくたまにあります。

納車時に必要なチェック項目

その為、納車時に、エンジン回りの機器類、車内のナビなどの装備品が正常に作動するのかをチェックしておきましょう。

保証は付いていますが、納車時に確認をしないで乗った時に何か不調があって販売店まで車を持っていかないといけないのは手間がかかるので納車時に確認をしておきましょう。

そして、注文したボディカラーになっているか?やオプションパーツが取り付けられているのか?ボディに傷がないのかを確認しましょう。

あまりないことですが、たまに注文したボディカラーが違っていたりすることがあった事例も聞いたことがあります。

例えば、2トーンカラーを注文したのに1色だけになっていたという事があったみたいです。

それにオプションパーツの付け忘れや違うオプションパーツが付いていたこともあったそうです。

車は、トラックに乗せて販売店や自宅まで運ぶのですが、基本シートなどはかぶせないでそのままの状態で、トラックに乗せています。

その為、走行中に小石などでボディに傷がつくことが無いとは言えません。

その場合、傷が付いた新車で納車することになりますが、納車時にボディを確認して傷があれば対応してもらいましょう。

後日傷を見つけても納車後に着いた傷と言われたらそれまでになってしまうので、ボディの状態もしっかり確認をしておきましょう。

納車時に付け忘れなどがあればすぐに対応してくれるので、必ずチェックをしましょう。

最後のチェックポイントは、試乗した車と同じ性能かを確認しましょう。

グレードやオプションで多少の違いもあります。

アクセルワークやハンドリングなどはグレードは関係ないので、試乗した時のハンドルの軽さやアクセルの感覚が同じかを確かめておきましょう。

【ノートe-POWER】試乗 納期 まとめ

ノートe-POWERの試乗は日産のHPでノートe-POWERを試乗できる販売店をエリアごとで検索することができます。

ノートe-POWERを気になっている方や購入を決めているが試乗をしていない人は、是非1度ノートe-POWERを試乗してどれだけ運転がしやすいのかなどを体験してみてください。

新車の値引き金額よりも、更に50万円やすくする裏技!とは

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、新車の購入を
検討しているけど
悩みは尽きません…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

車の情報を
ネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、
誰も答えてくれません。

家族に相談しても、
「じゃあ安いこっちでいいじゃない」
と一蹴。

違うっ!そうじゃないんだ!

そんなあなたにおすすめの裏技は
こちらです。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使う!
たった、これだけです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になる
ことも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

コメント