N-WGNの燃費とターボの燃費。気になるライバル比較と口コミ評価

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

N-WGNの燃費とターボの燃費。気になるライバル比較と口コミ評価

引用:https://www.honda.co.jp/N-WGN/

日本で1番売れている軽自動車Nシリーズから、すべてが高いレベルで安全性・快適性、そしてデザインのバランスがとれた1台として発売されているN-WGNについて紹介していきたいと思います。

最近では、車の算定には、デザインや走行性能だけではなく、燃費も重要となっています。

しかし、カタログに載っている燃費と実際に走行した際の燃費は違うので、購入後に「思っていた燃費と違う」とならないように今回はN-WGNのカタログ燃費と実燃費を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

N-WGNの燃費とターボの燃費。カタログスペックと実燃費

まず最初にカタログのスペックについて紹介したいと思います。

N-WGNには、2WDと4WDがあるので、2WDと4WDでは少しスペックに違いがあります。

(2WD

  • ボディタイプ:軽-RV系
  • ホイールベース:2520mm
  • ドア数:5ドア
  • トレッド前/後:1305/1305mm
  • 乗員定員:4名
  • 室内長×室内幅×室内高:2055×1355×1300mm
  • 型式:DBA-JH1
  • 車両重量:830kg
  • 全長×全幅×全高:3395×1475×1655mm
  • エンジン型式:S07A
  • 総排気量:658cc
  • 最高出力:58ps(43kW)/7300rpm
  • 駆動方式:FF
  • 最大トルク:6.6kg・m(65N・m)/4700rpm
  • 種類:水冷直列3気筒DOHC12バルブ
  • ステアリング形式:パワーアシスト付きラック&ピニオン
  • JC08モード燃費:29.4km/L

(2WDターボ)

  • ボディタイプ:軽-RV系
  • ホイールベース:2520mm
  • ドア数:5ドア
  • トレッド前/後:1305/1305mm
  • 乗員定員:4名
  • 室内長×室内幅×室内高:2055×1355×1300mm
  • 型式:DBA-JH1
  • 車両重量:840kg
  • 全長×全幅×全高:3395×1475×1655mm
  • エンジン型式:S07A
  • 総排気量:658cc
  • 最高出力:64ps(47kW)/6000rpm
  • 駆動方式:FF
  • 最大トルク:10.6kg・m(104N・m)/2600rpm
  • 種類: 水冷直列3気筒DOHC12バルブターボ
  • ステアリング形式:パワーアシスト付きラック&ピニオン
  • JC08モード燃費:26.0km/L

(4WD

  • ボディタイプ:軽-RV系
  • ホイールベース:2520mm
  • ドア数:5ドア
  • トレッド前/後:1300/1305mm
  • 乗員定員:4名
  • 室内長×室内幅×室内高:2055×1355×1300mm
  • 型式:DBA-JH2
  • 車両重量:880kg
  • 全長×全幅×全高:3395×1475×1655mm
  • エンジン型式:S07A
  • 総排気量:658cc
  • 最高出力:58ps(43kW)/7300rpm ・駆動方式:フルタイム4WD
  • 最大トルク:6.6kg・m(65N・m)/4700rpm
  • 種類:水冷直列3気筒DOHC12バルブ
  • ステアリング形式:パワーアシスト付きラック&ピニオン
  • JC08モード燃費:26.2km/L

(4WDターボ)

  • ボディタイプ:軽-RV系
  • ホイールベース:2520mm
  • ドア数:5ドア
  • トレッド前/後:1300/1305mm
  • 乗員定員:4名
  • 室内長×室内幅×室内高:2055×1355×1300mm
  • 型式:DBA-JH2
  • 車両重量:890kg
  • 全長×全幅×全高:3395×1475×1655mm
  • エンジン型式:S07A
  • 総排気量:658cc
  • 最高出力:64ps(47kW)/6000rpm ・駆動方式:フルタイム4WD
  • 最大トルク:10.6kg・m(104N・m)/2600rpm
  • 種類:水冷直列3気筒DOHC12バルブターボ
  • ステアリング形式:パワーアシスト付きラック&ピニオン
  • JC08モード燃費:24.2km/L

次に実燃費ですが、2WDでは平均19.0km/Lで2WDターボでは平均17.0km/Lとなっています。

4WDでは、平均17.0km/Lで4WDターボでは15.0km/Lという数値となっています。

信号の多い道路や高速走行などの走行環境によって燃費に違いが出ます。

郊外の渋滞の少ない道路での走行では20.0km/L以上の人も多いです。

市街地などの交通量の多い場面ではストップ&ゴーの回数が多くなり、燃費が下がりやすいです。

ターボ式の方は、ターボが搭載されているのでその分燃料の消費が普通より多くなります。

ターボ非搭載に比べると燃費性能は劣りますが、それでも平均が15.0km/L以上は優秀だと思います。

スポンサーリンク

N-WGNの燃費とターボの燃費をライバル比較

次にN-WGNの燃費をライバルのダイハツ ムーヴと比較してみたいと思います。

N-WGNの燃費とターボの燃費。気になるライバル比較と口コミ評価

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move/

ダイハツ ムーヴのカタログ燃費は、2WDでJC08モード31.0km/Lで2WDターボ式で27.4km/Lとなっています。

N-WGNの燃費は2WDで29.4km/Lなのでカタログ燃費ではダイハツ ムーヴの方が優れていますが、実燃費ではどのようになっているのでしょうか?

  • N-WGN2WD実燃費:平均19.0km/L
  • N-WGNターボ実燃費:平均17.0km/L
  • ダイハツ ムーヴ2WD実燃費:平均17.5km/L
  • ダイハツ ムーヴ ターボ実燃費:平均17.8km/L

ターボ非搭載の方ではN-WGNの実燃費の方が優れている状態となっています。

ターボ式ではダイハツ ムーヴの方が少しだけ燃費が良いですが、0.8km/Lだけなのであまり違いがあるわけではないですね。

スポンサーリンク

N-WGNの燃費とターボの燃費の口コミ評価

次は実際にN-WGNを保有しているユーザーはN-WGNの燃費をどのように評価しているのかを口コミを参考にして紹介したいと思います。

まず、ターボ非搭載のN-WGNの口コミですが

  • 「ハイブリットではないが燃費が20.0km/L近くあるのはすごい」
  • 「前はワゴンRに乗っていたが、平均10.0km/LだったがN-WGNは渋滞の多い道路でも16.0km/Lあるので乗り換えて正解だった」

と評価は高いですが

  • 「カタログ燃費の29.4km/Lは大げさ」
  • 「カタログの燃費と実燃費の差が大きい」

などのカタログと実燃費の差に疑問を持っている口コミもありました。

ターボ式の口コミでは

  • 「加速性能はパワフルで満足で燃費も従来のターボ式の軽自動車よりは低燃費なのでガソリン代が少し節約できる」
  • 「高速などのスムーズに走行できる場面は燃費は良いが下道では必要ない所でもターボで加速するので燃費が下がる」

とターボ式では高速などのシーンでは加速性能や燃費は満足されている人が多いです。

信号や渋滞の場面では、少し進むだけでもターボが作動するので、燃費が悪くなりやすいと口コミがありました。

1度私もターボ式のN-WGNと非搭載のN-WGNを試乗しましたが、あまりブレーキを踏まない高速道路などでは両方燃費が向上していました。

でも、街中などの信号が多い所では、ターボ式は、燃費の数値が下がりました。

基本街中でしか走行しない人は、ターボ非搭載のN-WGNの方が向いているかも知れません。

N-WGNの燃料タンク容量と燃料計の視認性

最後は、N-WGNの燃料タンク容量と燃料計の視認性について紹介したいと思います。

N-WGNの燃費とターボの燃費。気になるライバル比較と口コミ評価

引用:https://www.honda.co.jp/N-WGN/

まず、N-WGNの2WDも4WDも燃料タンクの容量は同じで30Lとなっているので、ガソリンを満タンに入れると大体4000円くらいになります。

そして、燃料計の視認性ですが、燃料計はスピードメーターの右側にあり、ガソリンの残量を確認することができます。

N-WGNの燃料計はデジタル式のメモリになっており、ガソリンが減るとメモリが1つずつ消えていく仕組みとなっています。

最近ではデジタル式が多いですが、従来の燃料計では、時計のように針があり、燃料が少なくなると徐々に針が動いてガソリンの残量を把握する仕組みでした。

N-WGNのデジタル式の燃料計視認性は正直、人によりますが、私は見やすいと思います。

アナログの燃料計は、光の加減で見えにくいこともあり、覗き込むような感じで見ないとはっきり確認することができませんでした。

デジタル式はメモリ自体がLEDで光っているので、明るくても暗い所でもしっかり確認することができます。

しかし、慣れていないと焦る場面もあります。

アナログ式では徐々に針が動いてガソリンの残量が細かくわかりますが、デジタル式では、メモリが1つずつ消えていきます。

残り2目盛りあったと思っていたら急に1目盛りになるので、焦ってガソリンスタンドに行きガソリンを給油することになります。

いつメモリが消えるのかをドキドキしながら運転しないといけないので、慣れるまでは燃料計を気にしてしまうと思います。

N-WGNの燃費 ターボの燃費 まとめ

今回は、N-WGNの燃費について紹介させていただきました。

N-WGNは総合的に燃費性能は優秀ですが、優秀だからと言って無無茶なアクセルワークをするとどれだけ燃費が良くてもガソリンの消費が増えて燃費が悪くなってしまいます。

特にターボ式は加速がパワフルですがその分ガソリンを使用するのでアクセルを深く踏むほどトルク数が上がりガソリンの消費がはやくなります。

低燃費で走行するには、ドライバーの運転の仕方が1番重要となるので、焦らずゆっくりと運転すれば自然と燃費も向上しやすいです。

最後までご覧頂きありがとうございました。

新車の値引き金額よりも、更に50万円やすくする裏技!とは

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、新車の購入を
検討しているけど
悩みは尽きません…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

車の情報を
ネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、
誰も答えてくれません。

家族に相談しても、
「じゃあ安いこっちでいいじゃない」
と一蹴。

違うっ!そうじゃないんだ!

そんなあなたにおすすめの裏技は
こちらです。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使う!
たった、これだけです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になる
ことも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

コメント