ノートe-POWER NISMO S加速性能がコンパクト最速の理由

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

clip_image002

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note.html

今回は今話題のノートe-POWER NISMO Sの加速性能について紹介していきたいと思います。

まず2018年9月にノートe-POWER NISMO Sが発売されました。

NISMOは、モータースポーツ部門を専門としているので走りに対してのこだわりがありましが、「デザインがカッコいいから購入した」などデザイン重視の人もターゲットにしているようです。

しかしノートe-POWER NISMO Sは動力性能を含めて、より速い車を求めている人をターゲットにしています。

ノートe-POWER NISMO Sの加速を「まるでジェット機のようなもの」と例えられるくらいのパワフルな加速となっています。

なぜノートe-POWER NISMO Sはコンパクトカーなのに加速性能が優れているのかを紹介していきたいと思います。

ノートe-POWER NISMO S 加速性能の秘密

では、注目されているノートe-POWER NISMO Sの加速性能の秘密について説明していきたいと思います。

04-2ノートe-POWER NISMO Sは、なぜそこまで加速性能が高いのか?

ノートe-POWER NISMO Sを設計する段階で開発者が「セレナのe-POWERを乗せたら面白そう」という発想から開発が開始されました。

セレナのe-POWERをノートに積み込むと最強のパワーを手に入れることができますが、重量が大幅に重たくなるので、改善する為に出力を136ps、320Nmに向上させています。

そしてユーザーから「サーキットなどでもう少しスピードが出ないのか」などの声があり、最高速度が出るようにモーターの最高回転数のアップがなされています。

セレナe-POWERのモーターの回転数は1分間に1万回転となっていますが、ノートe-POWER NISMO Sは1分間に1万1000回転まで向上させています。

回転数を向上させたおかげで0-100km/hの加速時間がノートe-POWER NISMO に比べて1.7秒も短くなっています。

様々なチューニングを施して最高出力100kW、最高トルク320Nmとスポーツカー並みの力を手に入れてコンパクトカーでは最速と言われるくらいの加速性能となっています。

スポンサーリンク

ノートe-POWER NISMO S 海外ホットハッチと比較

続いて海外のホットハッチとノートe-POWER NISMO Sを比較していきたいと思います。

ホットハッチとは?

一般的には、実用性が高い比較的安価な2ボックス車に強力なエンジンを載せ、車体チューニングも施しスポーツカーに近い走行性能を与えた車の事を示しています。

今回は、ルノー・トゥインゴⅢと比較してみたいと思います。

clip_image006引用:https://www.renault.jp/car_lineup/twingo/index.html

ルノー・トゥインゴⅢは2014年に発売されました。

エクステリアはローレンス・ヴァン・デン・アッカーが提唱する近年のルノーのデザインアイコン「サイクル・オブ・ライフ」に則ったものであり、フロントは大型のCIマークを中心に、左右のヘッドライトをグリルでつないでいる特徴的なデザインとなっています。

初期のルノー・トゥインゴより全長を100mm短縮しながらも室内長を130mm延長し使い勝手も向上しています。

エンジンは先代比で大幅にダウンサイジングされ、「SCe 70」と「Energy TCe 90」の2種を設定しており、ともにルノー製の直列3気筒で、最高出力70psと最大トルク91Nmとなっています。

clip_image008引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note.html

一方ノートe-POWER NISMO Sは、室内長2065mmとゆったりと座れることができ、何より最高出力100kW、最高トルク320Nmとハイスペックとなっています。

最高トルクに関してはルノー・トゥインゴⅢの3倍以上のトルクとなっているので加速は間違いなくノートe-POWER NISMO Sの方が力強く速い車でしょう。

エクステリアは、空気の抵抗を考えてスピードが出やすいように考えて作られたバンパーなどが装備されており、スポーツカーのようなデザインとなっています。

ルノー・トゥインゴⅢは海外のメーカーですが日本仕様も発売されているので、日本仕様のルノー・トゥインゴⅢとノートe-POWER NISMO Sも比較してみたいと思います。

スポンサーリンク

ノートe-POWER NISMO S 国内ホットハッチと比較

2016年7月14日 にルノー・トゥインゴⅢの日本仕様を正式発表され同年9月15日に発売が開始されました。

04-5引用:https://www.renault.jp/car_lineup/twingo/index.html

日本仕様のルノー・トゥインゴⅢは、全車右ハンドル+直3・0.9Lターボ(Energy TCe 90)+6速EDCのみとなり、グレードは「INTENS(インテンス)」とキャンバストップ仕様の「INTENS Canvas Top(インテンス キャンバストップ)」の2種となっています。

エンジンは「INTENS」に搭載しているH4B型 0.9L ターボエンジン+ 6速EDCで、ルノー トゥインゴのために再設計されたもので、燃料消費率とパフォーマンスとのバランスを最適化するため、電気式ウェストゲートバルブを備えています。

エンジンスペックも最高出力90PS・最大トルク135N・mに向上しており、後ろから押し出されるようなダイナミックな加速となっています。

ストップ&スタート機能と相まって燃料消費率向上を実現しており、JC08モード国土交通省審査値21.7km/Lとなっています。

日本仕様のルノー・トゥインゴⅢでもノートe-POWER NISMO Sの出力とトルクよりは低いスペックとなっています。

ルノー・トゥインゴⅢの燃費は優れていますが、ノートe-POWER NISMO Sの最高燃費が37.2 km/Lと抜群に優れています。

ホットハッチのルノー・トゥインゴⅢとノートe-POWER NISMO Sを比較してみましたが、燃費や加速性能に関してはノートe-POWER NISMO Sの方が上回っている結果となりました。

ノートe-POWER NISMO Sはベースモデルのノートe-POWER NISMO より最高出力を25%、最高トルク26%を向上しているので、コンパクトカーとは思えないくらいの加速を手に入れています。

ノートe-POWER NISMO S 加速性能は、コンパクト最速か

04-6ノートe-POWER NISMO Sが発売されるまでは、コンパクトカーで1番の加速を持っていたのはスイフトスポーツで0-100km/hまでの時間が約6.9秒となっており、ノートe-POWER NISMO は7秒を超える加速性能となっていました。

ノートe-POWER NISMO Sが発売され、出力とトルクを向上したことによって0-100km/hまでの加速時間が5秒台になりました。

スイフトスポーツでもかなりの加速がありましたが、それより1秒も速く加速ができるのは、すごいことでコンパクトカーではなくスポーツカーの加速に近い状態です。

ノートe-POWER NISMO Sは、デザインより加速性能を最優先に考えており、ノートe-POWER NISMO と見た目は変わらないのに0-100km/hが1.5秒も短縮できるくらいの加速性能があります。

コンパクトカーでは平均のトルク値が100 N・mとなっているが、ノートe-POWER NISMO Sは320N・mと3倍以上のトルクとなっており、コンパクトカーの域を超えるパワーなので、間違いなく今販売されているコンパクトカーの中では最速の車でしょう。

ノートe-POWER NISMO Sはスペックアップをしたことにより、アップした馬力の分でさらに高速域の伸びに繋がります。

最大トルクは走り始めから最大トルクの力が発揮され、e-POWERのモーターの特性を生かすことによって常にドライバーの心を揺さぶる加速感が味わえます。

ノートe-POWER NISMO Sは見た目ではコンパクトでスポーティなデザイン性ですが、中身は野獣のような力を持っているので、昔風に言うと「羊の皮をかぶった狼」のような車となっています。

実際私も試乗した時に、見た目ではそんなにすごいとは思っていませんでしたが、いざアクセルを踏むと加速Gがすごくて上半身が強く押さえつけられるくらいの加速で思わず「うわっ」と声が出てしまいました。

見た目以上の加速性能があり、運転中はずっと心臓がドキドキしていてすごく楽しかったです。

ノートe-POWER NISMO Sは加速だけではなく、デザインもかっこよく、低燃費で乗り心地も良いため最高の1台と思いました。

ノートe-POWER NISMO S 加速 まとめ

今回は、ノートe-POWER NISMO Sの加速性能について紹介しました。

ホットハッチの比較はルノー・トゥインゴⅢと比較しましたが、他のホットハッチでも最高出力90PS以下で最大トルクも135N・m以下とノートe-POWER NISMO Sのスペックを超える車はありませんでした。

それくらいノートe-POWER NISMO Sがハイスペックに仕上がっていることになりますよね。

新車の値引き金額よりも、更に50万円やすくする裏技!とは

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、新車の購入を
検討しているけど
悩みは尽きません…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

車の情報を
ネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、
誰も答えてくれません。

家族に相談しても、
「じゃあ安いこっちでいいじゃない」
と一蹴。

違うっ!そうじゃないんだ!

そんなあなたにおすすめの裏技は
こちらです。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使う!
たった、これだけです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になる
ことも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

コメント