N-WGNに搭載された先進安全装備と走行性能を口コミから評価してみた

N-WGNに搭載された先進安全装備と走行性能を口コミから評価してみた

引用:https://www.honda.co.jp/N-WGN/

N-WGNには、安全に走行できるように先進安全装備のセンシングが搭載されていますが、センシングとは名前を聞く程度で実際にどのようなサポートしてくれるのかを詳しく知らない人が多いと思います。

その為、今回はN-WGNの先進安全装備はどのようなものがあるのかや、N-WGNの走行性能の評価などを紹介しているので是非参考にしてみてください。

N-WGN搭載のセンシング

N-WGNに搭載された先進安全装備と走行性能を口コミから評価してみた

引用:https://www.honda.co.jp/N-WGN/

N-WGNに搭載されているセンシングですが、一体センシングとはどのようなものなんでしょうか?

センシングとは、安心や快適機能を搭載した先進安全システムの事で、ミリ波レーダーや単眼カメラで周囲の状況を認識して、ドライバーをサポートしてくれます。

N-WGNセンシング

どんなシステムが搭載されているのかと言うと、

・ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)

 前方を走っている車との適切な車間距離を維持しながら追従走行し、ドライバーの運転負荷を軽減し、車間距離が短ければ自動でブレーキがかかり適切な距離を作ってくれます。

・LKAS(車線維持支援システム)

 高速道路を走行する際、車線の中央付近を維持するようにステアリング操作を支援してふらつきを防いでくれます。

・衝突軽減ブレーキ

 前走車や歩行者、対向車などとの衝突を回避又は軽減する為にサポートしてくれるシステムです。

 急な飛び出しなどがあった場合センサーが感知してブレーキをかけてくれます。

・誤発進抑制機能

 停車時や速度が10km/h以内の場合にアクセルとブレーキを間違えて前方の障害物を感知した時に急加速を制御して衝突を回避してくれます。

・歩行者事故低減ステアリング

 歩行者側の車線を逸脱し、歩行者と衝突のおそれがある場合、音とディスプレー表示で警告し、さらに車道方向にステアリング支援をしてくれます。

・路外逸脱抑制機能

 単眼カメラで車線を認識して車線からはみ出しそうになったらディスプレー表示と

ステアリング振動で警告し、それでもはみ出しそうな場合は自動で車線内に戻してくれます。

・先行車発進お知らせ機能

 信号などで前の車が発進して運転者が気づいていない場合に音やディスプレイで表示して知らせてくれます。

・標識認識機能

 単眼カメラで標識を認識してディスプレイなどに表示してくれるので、誤って一方通行の道に入らないようになどをサポートしてくれます。

・後方誤発進抑制機能

 バックで駐車場に止める時や停車時にアクセルとブレーキを間違えて後ろの障害物に衝突しないようにサポートしてくれます。

・オートハイビーム

 夜間で街頭などが無い暗い道路を走行するときにセンサーが感知して自動でハイビームに切り替え、対向車などが来た場合は自動でロービームに切り替わります。

このようにN-WGNに搭載されているセンシング機能はドライバーの安全や運転を多くの

機能でサポートしてくれます。

 

N-WGNの値引き情報最新と乗り出し価格はこちら

 

スポンサーリンク

N-WGNの走行性能を口コミから見る

次にN-WGNの走行性能についてユーザーの口コミを見てみましょう。

N-WGNに搭載された先進安全装備と走行性能を口コミから評価してみた

ユーザーの口コミでは、

  • 「軽自動車の中で見れば良い方な感じで、特に悪いとも思わない」
  • 「アクセルとブレーキに遊びが無いのでブレーキの踏む力加減が慣れるまでは強く踏み過ぎてしまう」
  • 「無難な感じで、コンセプト通りベーシックな感じ」
  • 「ハンドルが軽めなのでカーブなどでスムーズにハンドルが切れるので手に負担がかからない」
  • 「直進で速度を出してもふらつきが少ないので安定した走行ができる」
  • 「安定感があり、直進などスムーズに走行できる」

N-WGNの口コミでは、特別走行性能が良いという口コミではなく、「普通」や「無難」な

どの口コミが多くありました。

しかし、高速道路などの直進での安定感は好評価で速度を出してもふらつかないと口コミ

がありました。

そしてN-WGNのアクセルやブレーキに遊びがないとありましたが、確かに試乗した時に他の軽自動車と比べて遊びが少なく感じました。

慣れるまでは強く踏み過ぎて急停車するような感じとなってしまいます。

アクセルも遊びが少ないですが、軽く踏むだけで加速をしてくれるのでベタ踏みすることがないので燃費の消費を抑えられるかもしれないですね。

スポンサーリンク

N-WGNのパターン別実走行レビュー

次にN-WGNの走行性能を高速道路と一般道で分けてみてみたいと思います。

6-4-1

高速道路では、比較的直進が多いのでスピードも出やすい環境です。

高速でもスピードが出ていてもあまりハンドルが路面の振動でブレることもなく、軽くハンドルを握るだけで大丈夫なので長時間の高速道路の運転でも疲れにくくなっています。

そして、加速面ですがターボ搭載なら加速はスムーズに行えますが、ターボ非搭載なら合流するときなどはアクセルを深く踏み込まないと車の流れに合わすのが難しい状態です。

しかし、クルーズコントロールが搭載されているのでアクセルを踏まずに一定の速度で走行ができるので細かなアクセルワークが必要なく、尚且つ燃費の向上にもなります。

走行中は少しタイヤと路面のノイズ音がN-BOXに比べて大きいですが、ストレスを感じるほどではありません。

一般道路では、VSAに使用するステアリング舵角センサーの情報を利用した高精度な制御を有効に使えます。

駐車場や交差点では軽く回せてスムーズに戻るので高速道路同様腕にかかる負担が少なくなっています。

一般道ではストップ&ゴーの回数が多くなり燃費にも影響が出やすいですが、N-WGNにはアイドリングストップ機能が標準装備されています。

しかし、ECONモードに設定していないとアイドリングストップ機能が作動しなくなります。

一般道を走行するときに燃費を抑えたい人はECONモードのボタンを押すようにすれば燃費を向上することができます。

N-WGNの雪道走破性を口コミから見る

次にN-WGNの雪道での走破性についての口コミを紹介したいと思います。

N-WGNに搭載された先進安全装備と走行性能を口コミから評価してみた

N-WGNには、2WDと4WDの2種類がありますが、両方の口コミを見てみましょう。

(2WD)の雪道

  • 「車体バランスが良いがやっぱり2WDなので雪道では走行しにくい」
  • 「路面が見えるくらい軽く積もっているだけなら何も問題なく走行できるが、道路が見えないくらい積もっていると厳しい」

(4WD)の雪道

  • 「2WDに比べて走破性は高い」
  • 「軽く積もるだけならスムーズに走行できるので問題ない」
  • 「SUVと比べたら劣るが、軽のワゴンタイプでこの走行性能なら良い方だと思う」
  • 「コーナリングの安定性は優れていると思う」

N-WGNの2WDは前輪だけ駆動しているので雪道では後輪がスリップしやすいようで、走

破性は低い感じとなっています。

N-WGNの4WDは、4輪駆動なので2WDに比べて雪道での安定性は高いようでコーナリ

ングもスムーズに行え、スリップの可能性も低くなっています。

N-WGN4WDの雪道性能は

6-5

N-WGN4WDの雪道性能ですが、N-WGN4WDは、4WD車で多く採用されているリアルタイム4WDではなく、ビスカスカップリングを用いたパッシブオンデマンド型を使用しています。

フルタイム4WDはスリップする前にトルクを制御してスリップを防止しますが、パッシブオンデマンド型は前輪が空転した後に後輪へ動力がかかるので、時間差が出てしまいます。

その為、慣れるまでは、タイムラグに違和感を感じてしまう人も居ています。

しかし、4WDなので、コーナリングや発進・加速は2WDよりも優れており安定感があると思います。

N-WGN 先進安全装備 走行性能 まとめ

今回はN-WGNの先進安全装備や走行性能の口コミを紹介しましたが、軽自動車でこれだけの先進安全装備(センシング)を搭載してるので間違いなく安全で安心してドライビングをして頂けると思います。

雪道での試乗はなかなか難しいと思いますが、先進安全装備は試乗で体験することができるので興味がある方は1度試乗してみてください。

新車の値引き金額よりも、更に50万円やすくする裏技!とは

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、新車の購入を
検討しているけど
悩みは尽きません…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

車の情報を
ネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、
誰も答えてくれません。

家族に相談しても、
「じゃあ安いこっちでいいじゃない」
と一蹴。

違うっ!そうじゃないんだ!

そんなあなたにおすすめの裏技は
こちらです。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使う!
たった、これだけです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になる
ことも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

コメント