ノートe-POWER NISMO S試乗可能?試乗のポイント

clip_image002引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note.html

2018年9月にノートe-POWER NISMO のハイグレードバージョンとして発売が開始されたノートe-POWER NISMO Sですが、コンパクトカーとは思えないくらい圧倒的な加速性能で注目を浴びています。

ノートe-POWER NISMO Sはセレナe-POWERのモーターと同じくらいの物を搭載しています。

しかしコンパクトカーにセレナe-POWERと同じモーターなら重量が増えて本来の力が発揮できないということで専用チューニングを行い最高出力を25%、最高トルクを26%向上させて最速のコンパクトカーに仕上げました。

ノートe-POWER NISMO Sの加速性能はユーザーなどから「1度運転したらクセになる」などとても評価されているので1度は運転してみる価値がありますよね。

しかし最近では、車を選ぶ手段としてネットなどで情報を得て選んでいる人が多いと思いますが、車は実際に乗って体験しないと車の良さや性能がわからないです。

特に今回のノートe-POWER NISMO Sは加速性能がとても優れているので、文字だけではどれくらいすごいのかは、なかなか伝わりにくいので試乗をしてどれくらいすごい加速なのかを実際に体験して頂けたらと思います。

スポンサーリンク

ノートe-POWER NISMO S 試乗できますか

06-2「ノートe-POWER NISMO Sを試乗してみたいけど何処で試乗できるかわからない」などと思っている人も多いと思います。

ノートe-POWER NISMO Sの試乗は可能ですが、どこでも試乗できるわけではありません。

販売店によって試乗できる車種が違うので、自宅近くにある販売店は試乗するシステムを取り入れているのか?何の車種が試乗できるのか?を把握しないといけません。

ノートe-POWER NISMO Sの試乗を行っている販売店を見つけないといけませんが、日産のホームページで試乗車・展示車を検索する欄があるので試乗したい車がどこの販売店で行っているかすぐ見つけることができます。

住所を入力すると自宅から近いノートe-POWER NISMO Sの試乗が可能な販売店も表示されるので、1件ずつ聞いて行かなくても見つけることができます。

スポンサーリンク

ノートe-POWER NISMO S 試乗の下準備

ノートe-POWER NISMO Sを試乗する際の下準備としては、ノートe-POWER NISMO Sの情報を把握しておきましょう。

06-3何の性能が良いのか?どこが向上しているのか?どこがこだわっているのか?をある程度理解しておかないと乗った時に良さがわからないです。

せっかくノートe-POWER NISMO Sを試乗するのであればハイレベルな加速性能を体験してほしいので、ある程度ノートe-POWER NISMO Sの知識を覚えといてください。

もう一つとしては、ノートe-POWER NISMO Sだけを試乗するのではなく、ノートe-POWER NISMO を試乗してからノートe-POWER NISMO Sを試乗するとどれくらいグレードアップをしているのかが自分で体験することができます。

乗り比べをすると1番違いがわかるので、手間がかかりますがノートe-POWER NISMO Sとノートe-POWER NISMO を試乗してみてください。

そして1番大事な下準備としては、試乗の予約をすることです。

ノートe-POWER NISMO Sが試乗できる販売店は上記でも紹介しましたが、日産のホームページで自宅から近くで試乗できるところを探せますが、人気車種などでは試乗する人が多くいきなり販売店に出向いても空きがなく試乗できないこともあります。

せっかく時間を作って販売店に行ったのに試乗できないのは無駄になってしまいますよね。

その為に事前に販売店に行く日にちを販売店側に伝えて予約をしておくとスムーズに試乗することができます。

最近では電話予約だけではなくネットでも試乗の予約ができるので、誰でも簡単に試乗の予約を取ることができます。

以上の準備ができたら予約した日にちに販売店に出向いてノートe-POWER NISMO Sを試乗できますが、ただ単に試乗するだけでは意味がありません。

試乗時にチェックしておかないといけないことがありますので、しっかり把握しておきましょう。

スポンサーリンク

ノートe-POWER NISMO S 試乗時のチェックポイント

次に試乗しているときのチェックポイントを紹介したいと思います。

06-4試乗の際にノートe-POWER NISMO Sの加速性能を体験するのはもちろんですが、長時間運転するときや人を乗せる時など車内の快適性なども重要になってきます。

どれだけ加速性能が良くても車内空間が狭かったら運転中にストレスを感じたり、姿勢が悪くなって腰が痛くなったりします。

その為、試乗の際は車内空間が自分の体に合っているかを確かめる必要があります。

広く感じる分には良いですが、男性で体が大きい人は特に車高の高さや足のスペースやシート幅を確かめて窮屈感がないか試乗をして確認しておいてください。

次にチェックしておくポイントは、視認性です。

前方の視認性も重要ですが、サイドや後方部分がどれだけ見やすいかや見ておく必要があります。

サイドに関しては、サイドミラーでどこまで見えているのか、サイドのドアミラーを目視で見て、死角部分がどれくらいあるのかを見ておく必要があります。

死角部分が多いと巻き込み事故の可能性が高くなってしまいます。

最後のチェックポイントとしては、ノートe-POWER NISMO Sの走行性能です。

ポイントとしては、小回りやハンドリングのしやすさなどを試乗の時に体験しておくと良いでしょう。

試乗の時に直線の走行のみが印象に残りますが、コーナリングの際にハンドルが重たくなるや小回りがきかないなどを把握しておくと自分がよく走行する環境でも問題なく走行できるかの参考になります。

私の周りの人も車を購入してから、「小回りがきかない」と言っている人が多くいてたので、試乗をする際は直線の加速だけではなくコーナリングや上りや下り坂の走行性能を意識しておくと購入した後に不満に思うことがなくなるでしょう。

スポンサーリンク

ノートe-POWER NISMO S 試乗後に忘れてはいけないこと

試乗が終わり、「走行性能や乗り心地がわかったので満足」で終わってはいけません。

06-5試乗後にしておくとお得な行動として、販売店に買う意思があるのかを示しておいてください。

実際に買うか決めていない人でも販売店側には「購入する予定」くらいの感じを示しておけば、販売店は自分の店で購入してほしいので、様々なサービスを提示してきます。

例えば、値引きや無料でオプションの追加などがありますが、買う意思がないお客には提示してきません。

もし「買う予定」と伝えておけば、実際そこの販売店で購入することになれば、最初から値引きした金額で購入手続きを行えるんですが、購入する意思を伝えていなくて、後日に購入することになれば、値引きやオプションの交渉から始めないといけないので正直面倒くさいところもあります。

もし違う販売店で購入することになっても、販売店のサービスを比較することができ、「○○店では、20万円値引きしてくれると言ってました」と交渉手段として使えます。

一言言うだけで、誰でもできるので試乗した際はこの方法を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ノートe-POWER NISMO S 試乗 まとめ

今回は、ノートe-POWER NISMO Sの試乗について紹介させていただきました。

基本新車を購入する前の試乗としての内容になっていますが、ノートe-POWER NISMO Sの中古車を購入する前にも試乗をしておくと良いでしょう。

例えば、試乗後に中古車販売店に行き、ノートe-POWER NISMO Sを見せてもらった時にエンジン音が試乗したノートe-POWER NISMO Sと同じかを確認することができます。

エンジン音が違うってことは、何か異常があるってことになります。

車に詳しくない人でも、音の違いくらいは分かると思うので、中古車を購入予定の人でも試乗をして、参考にしてみてください。

コメント