クロスビーの17 インチホイールマッチングとインチアップの限界とタイヤ。

クロカンやSUVの定番カスタム「インチアップ」&「リフトアップ」

今回は、スズキのクロスビーでインチアップについて考えてみましょう。

四角のフォルムにデカいホイールとタイヤは、見事にマッチングしそうですね。

チラリズムするサスペンションで、ワイルドさを足すインチアップも似合うでしょう。

スポンサーリンク

クロスビーのリフトアップは4インチまで行け る?

クロスビーの17 インチホイールマッチングとインチアップの限界とタイヤ。引用:https://www.facebook.com/mikisuzukicarlife/posts/2085056471534413

車高を上げることで、走破性の向上や見た目が大きく変わる「リフトアップ」。

クロスビーのリフトアップは何インチまでが可能でしょうか?

場合によっては、構造を変える必要もあるのでインチアップより敷居が高く、ショップに依頼する割合が高いリフトアップ。

すでにスズキの車を扱う専門店では、リフトアップ済みのクロスビーが数多く売られています。

上の画像はスズキのカスタムカーで有名の「三木スズキ」によるもので、純正から1インチのリフトアップがされています。

引用:https://www.goo-net.com/pit/shop/0302894/blog/102104

どのカスタムカーを見ても、リフトアップの限界は4インチ。

稀に6インチまで対応している所もありますが、実用面とくに一般道を走れるレベルの実用性を考えると限界は4インチの結論になるでしょう。

クロスビーで言えば、冒頭でお伝えした通り「四角のフォルム」で風の抵抗を受けやすくリフトアップによって特に高速道路では影響をモロに受けます。

構造的なリフトアップの限界と共に、走れる限界も考えなくてはいけませんね。

スポンサーリンク

クロスビーのタイヤの規定情報

クロスビーの17 インチホイールマッチングとインチアップの限界とタイヤ。さて、ここからはクロスビーのインチアップのお話をしていきます。

その前に、クロスビーのタイヤについて規定情報を整理しましょう。

  • 175/60R16

新車でクロスビーを購入した場合、多くはこのサイズでタイヤが装着されています。

つまり、16インチのコンパクトSUVとしてはベーシックなサイズ感で、兄弟分のハスラーより1インチ大きいタイヤになります。

幅としては175ミリで、見た目的にはライバル車種よりか細く見えてしまうのが難点でしょう。

フォルムとしてはドッシリ構えた印象がある分、タイヤひとつで貧弱に見えてしまいます。

これは、カスタムの余地ありますよね。

この幅を改善するワイドタイヤについては後述します!

○DUNLOP (ダンロップ) LE MANS V ルマン5  8,810円/本

ダンロップ (DUNLOP) LE MANS V(ルマン5) 175/60R16 82H 4981160787313 新品1本

インチアップせず、純正と同じ規格でタイヤを交換するなら「低燃費タイヤ」が人気です。

新車時に付いているタイヤは、ディーラーで別途注文していない限りローコストなモノが多く静粛性や安定性が今一つ。

低燃費タイヤとはいっても、どうせ交換するなら快適なタイヤが良いといったニーズがあるようです。

SUVで車高が高い車ほど、高速走行の横揺れや街乗りの段差を少しでも改善したいものです。

あなたが思っている以上に、タイヤは車の乗り心地を左右しますよ?

スポンサーリンク

クロスビーのホワイトレターについて

クロスビーの17 インチホイールマッチングとインチアップの限界とタイヤ。白く塗装されたタイヤのロゴマーク(ホワイトレター)。

ホイールを変更したり、リフトアップやインチアップよりもお手軽な愛車カスタムです。

ホワイトカラーのロゴのために、新品タイヤをわざわざ購入?

どんなタイヤでも、少しのDIYでホワイトレターでばっちり足元にアクセントを利かせることができますよ。

○ソフト99 塗料・ペイント タイヤマーカー 735円

ソフト99(SOFT99) 塗料・ペイント タイヤマーカー タッチカラー 09133

専用のマーカーがカー用品店や、ホームセンターなどで売られています。

タイヤ専用なのでこれを使う事に越したことはありませんが、さらに安く代用することも可能ですよ。

普通のカラーペンで白色なら、仕上がり自体は正直なところ差はありません。

一本数百円で買えますから、コスパは非常に良いでしょう。

  • 塗る前に必ず脱脂する
  • カラーペンなら水性の方が無難

筋金入りの不器用さでない限り、失敗するような作業ではありません。

しかし、この2つのポイントは理解しておきましょう。

水性?油性?どっちが良いかを人によって賛否両論がありますね。

油性だとタイヤが溶けるなどの話もありますが、心配なら水性塗料を選ぶと良いでしょう。

思っているより、水性でも色落ちし難いですが仮に色落ちしても塗ればオッケーです。

目安2本あれば、十分に全てのタイヤに対応できますから、200円でできるクロスビーのワンアクセントですね。

クロスビーのワイドタイヤはどこまで可能?

クロスビーの17 インチホイールマッチングとインチアップの限界とタイヤ。引用:https://www.suzuki.co.jp/car/xbee/styling/img/img01.jpg

タイヤの横幅を多くして、どっしり構えるワイルドスタイルを考えてみましょう。

とは言え、ひたすら幅広なタイヤを探していては凸凹道のショックをモロに受け、せっかくの快適空間を台無しにします。

なので「ほどよく」が重要なポイントになってきます。

純正の規格を振り返ってみると、ライバルのコンパクトSUVと比較して少々ワイドさは欠けるのがクロスビー。

どちらかと言うと、ハッチバック系のコンパクトカーに近いサイズ感です。

クロスビーでワイドタイヤを考えるなら標準の175ミリ~大きくとも215ミリが現実的な数字でしょう。

おすすめをいくつかピックアップしてみました。

○FALKEN (ファルケン) ZIX 低燃費スポーティタイヤ 215/50R17 91W 11,567円/本

ファルケン(FALKEN) 低燃費スポーティタイヤ ZIEX ZE914F 215/50R17 91W

最も幅広の215ミリのタイヤであれば、「FALKEN(ファルケン)の」が人気。

特に長距離走行が多い人にはお勧めできるでしょう。

あくまで商品の売りとしてはバランスのとれたタイヤを謳っていますが「静粛性」と「安定性」が優れている口コミ評価が目立っています。

先ほどお話しした、クロスビーのワイドタイヤでも限界値と言える215ミリだからこそ特に安定性は大事にしたいですよね。

ちょっと残念なのが17インチモデルしか販売されていない事・・・ホイールを交換するなら買って損はない代物です。

○GOODYEAR (グッドイヤー)  EAGLE REVSPEC RS-02 215/50R16 9,300円/本

クロスビーの17 インチホイールマッチングとインチアップの限界とタイヤ。GOODYEAR(グッドイヤー) サマータイヤ EAGLE REVSPEC RS-02 215/50R16 90V 新品1本

とにかく安くワイドタイヤをクロスビーに付けたい!

ならば、純正ホイールに装着可能な格安タイヤはいかがですか?

1本当たり1万円を切るコストパフォーマンスに、お値段以上のグリップ感で評価が高い「GOODYEAR(グッドイヤー)」のEAGLE REVSPEC RS-02。

4本セットでも4万円でおつりが来ますし、工賃を入れても安い。

ホイールセットではなく、タイヤセットが個人的にはお勧めです。

仮にホイールセットを購入するなら、17インチで探した方がタイヤの選択余地は増えますよ。

まとめ

最後まで読んで頂きありがとうございます。

今回はSUV定番格の足回りカスタムのお話でした。

完全に個人の好みですが、クロスビーに関しては純正ホイールに185ミリ幅の16インチタイヤが良いかなと思っています。

そして、アクセントにホワイトレターでちょうど良く足回りのカジュアルさが演出できる感じです。

なんせ、スズキのSUVとしては最もカジュアルに乗れるのがクロスビーです。

ゴリゴリのチューンはジムニーを買った方が幸せでは?と思ってしまいます。

見た目のファッション性あふれる印象に、大きなカスタムを加えるとアンバランスになるのが不安です。

ですから、「ほどよく」「さり気ない」カスタムがクロスビーが綺麗にまとまる。

そんな感想を私は持ちました。

新車の値引き金額よりも、更に50万円やすくする裏技!とは

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、新車の購入を
検討しているけど
悩みは尽きません…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

車の情報を
ネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、
誰も答えてくれません。

家族に相談しても、
「じゃあ安いこっちでいいじゃない」
と一蹴。

違うっ!そうじゃないんだ!

そんなあなたにおすすめの裏技は
こちらです。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使う!
たった、これだけです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になる
ことも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

コメント