ノートe-POWER NISMO S納車時に必須チェック項目

clip_image002引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note.html

電気自動車の新しいカタチが進化したノートe-POWERですが、そのハイグレードバージョンとして発売されたノートe-POWER NISMO Sです。

電気の走りとは思えないくらいのパワーでアクセルを踏んでその走りに驚き、アクセルペダルだけで減速ができるため簡単で安心の技術を搭載し、さらに前の車を追従する自動運転技術ICCも搭載しています。

従来の車より運転の楽しさが倍増しているノートe-POWER NISMO Sの納車時に行うチェック項目などを紹介したいと思います。

誰もが車の納車の瞬間はワクワクしますよね。

特に初めて自分で車を購入したときは納車日が楽しみ過ぎて、前の晩は全然寝られないくらいワクワクしていました。

納車は誰もが喜ぶ瞬間ですが、ただ単に車を受け取るだけではなく、納車するにあたって様々な準備が必要です。

せっかくお金を貯めて好きなノートe-POWER NISMO Sを購入したのに、確認していなくてトラブルや故障などで後悔しないように幾つかチェック項目を紹介しているので、これからノートe-POWER NISMO Sを購入しようとしている人やもうすぐ納車という人は是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ノートe-POWER NISMO S 車前の準備

最初にノートe-POWER NISMO Sの納車前の準備について紹介したいと思います。

07-2

「納車前の準備って必要?」と思いますが、納車前の段階から結構決めておかないといけないことがあります。

・納車日を決める

契約の際にある程度の目安として何時ぐらいに納車できるかは教えてもらえますが、細かい日程は契約時点では決められません。

人気の車種だと製造が追いつかなくて、日にちがかかるので製造ができたら販売店から「○月○日以降なら納車可能です」と連絡が入るので、自分の都合が良い日にちに合わせて納車日を決めてください。

・納車場所を決める

納車には自宅に車を持ってきてもらうのか、それとも販売店で車を引き取る2種類があります。

自宅で納車の場合は、車を買取か下取りに出しており、車がなく販売店までの交通手段がない時は自宅納車にすると販売店まで行く手間がかからないので楽ですが、別で輸送代などの費用(5.000円~)が発生する可能性があるので少しでも費用を抑えたい場合は、販売店で納車をすると費用を抑えることができます。

・契約内容の確認

納車前に購入時に交わした契約内容をもう一度確認しておいてください。

確認内容としては、オプション内容、ボディカラー、保険内容を見ておきましょう。

滅多にないですが、納車の時に販売店側のミスでオプションが取り付けられていないことがあるみたいなので、納車前に契約内容を確認して把握しておきましょう。

スポンサーリンク

ノートe-POWER NISMO S 納車の日和や時間帯

07-3

「納車の日和とかチェック項目に関係あるの?」と思いますが、せっかくの納車日に雨や台風は嫌ですよね?

新車の場合は基本契約してから納車まで約2ヵ月かかるので2カ月先までの天気などは予想できないです。

契約時などに納車日の話をするので事前に「雨の場合などは日にちを変更します」と伝えておけば雨や台風の日に納車することがなくなります。

そして時間帯ですが、ユーザーの都合もありますが、できれば午前中に納車する方が良いでしょう。

次の項目で詳しく紹介しますが、時間帯が遅くて外が薄暗い状態だと納車した車の状態がはっきりわからないため、チェックできない状態となります。

例えば傷が付いていても暗くて見落としてしまう可能性もあるので、午前中などの明るい時間帯に納車するように話をしておくと良いでしょう。

そして午前中に納車すると良い理由はもう一つあります。

それは、販売店の営業時間です。

もし納車して何か車に異変があった場合、納車時間が遅ければ、一旦預けて後日販売店に行かないといけませんが、午前中に納車していれば、営業時間に余裕があるので、その日に修理などの対応が可能になります。

私も昔、雨の日で夕方に納車したことがあって、運転席側のドアに傷があったんですが濡れていて気がつきませんでした。

次の日に傷があることが分かったので販売店に連絡したんですが「納車時に確認しましたが傷はありませんでした」と言われて何も保障されないということがありました。

それから納車するときは、晴れの日で明るい時間帯に納車するようにしました。

せっかく気に入って購入した車でしたが、嫌な気持ちしかなかったので皆さんはしっかりとチェックするようにしましょう。

スポンサーリンク

ノートe-POWER NISMO S 納車時のチェック項目

車の納車は購入した人にとって最大のハイライトとなっています。

07-4

特に納車まで2カ月以上かかった場合はドキドキが止まらないほどの喜びが得られますし、車好きの人にとってはたまらない瞬間ですよね。

嬉しさで舞い上がって一刻も早く購入したノートe-POWER NISMO Sで加速を体験したくてドライブに行きたいと思いますが、少し冷静になってノートe-POWER NISMO Sの細かい部分をチェックしてみましょう。

「新車だから大丈夫」と思っているかもしれませんが、車も機械なので初期不良があってもおかしくはありませんし、販売店の担当の人が凡ミスをしているかも知れません。

後々後悔などをしないために、納車時に車をチェックしておくことが大切です。

購入者は、納車される時が1番重要視しますが、販売店側は、契約時を重要視しているので契約後は次の契約を取ることを考えており、納車までのサポートが契約前に比べると少し浅く感じます。(すべての販売員が手を抜くわけではありません)

その為、納車時は自分が注文した仕様になっているのかを確認しておいてください。

ノートe-POWER NISMO Sの場合はボディカラーが5種類なので間違うことはないと思います。

ボディカラーの種類が多い車種の場合はホワイトでも自分が注文したホワイトとは少し違うホワイトが納車されたことがあると聞いたことがあるので、まずはボディカラーのチェックをしましょう。

次は、メーカーで追加したオプションがしっかり装備されているかのチェックをしてください。

例えば、ホイールをオプションで購入した場合、もともと装備されていたホイールも一緒に受け取るんですが、ナットなどの小物類があるのかをチェックしてください。

もし車を手放す時に純正のホイールがないだけで査定価格が下がる場合があるので、邪魔かもしれませんが保管しておきましょう。

あとは機器類のオプションの付け忘れがないのかを確認しておきましょう。

ノートe-POWER NISMO Sのオプションでは、インテリジェント アラウンドビューモニター、インテリジェント ルームミラー、ナビレコ、バックモニターなどの機器がありますが、しっかり取り付けられているのか、作動するのかを納車時にチェックしましょう。

たまにですが、配線がしっかり繋がっていなくて作動しなかったことがある事例もありますので、見た目だけではなく内装や機器類などの細かい部分もチェックするように心掛けてください。

ノートe-POWER NISMO S 納車時に傷がついたとき

最後は納車時に傷がついたときについて紹介したいと思います。

07-5

もし納車時に傷がついたときにどのような対処をすれば良いのかわからないと思いますが、基本納車段階で傷がついたときは販売店側で修理や保証をします。

特に自宅で納車する場合は、契約時点で傷がついた場合の保障の内容について説明されますので、自分に合った保障内容を選択してください。

後は、傷がついた場合修理をしてもらうだけで終わらせてしまう人が多いですが、新車に傷をつけられているので、担当の営業の人に連絡をして修理以外の保証を交渉してみてください。

例えば金銭面や保証の追加などの交渉内容があります。

新車でユーザーが乗る前に傷がついているので、価格面の交渉をすると購入価格より少し値引きをしてくれるところや、購入して1年間は故障の保証などがあります。

保障年数を2年や3年に引き伸ばしてくれることもありますので、もし納車時に傷をつけられた場合は遠慮せず交渉してみてください。

ノートe-POWER NISMO S 納車 まとめ

納車は誰もが嬉しい瞬間ですが、損をしないために今回紹介したチェック項目を忘れず実施してください。

傷がついた場合の事を紹介しましたが、自宅納車で天候が台風などの悪天候のときに飛んできた物が車に当たった場合傷の修理だけでその他の保証がされない場合があります。

契約時にしっかり担当の営業の人に納車時の注意事項などを確

新車の値引き金額よりも、更に50万円やすくする裏技!とは

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、新車の購入を
検討しているけど
悩みは尽きません…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

車の情報を
ネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、
誰も答えてくれません。

家族に相談しても、
「じゃあ安いこっちでいいじゃない」
と一蹴。

違うっ!そうじゃないんだ!

そんなあなたにおすすめの裏技は
こちらです。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使う!
たった、これだけです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になる
ことも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

コメント