ヴィッツの運転のしやすさは、ライバルと比べて秀逸なのか?雪道や山間部では?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

ヴィッツの運転のしやすさは、ライバルと比べて秀逸なのか?雪道や山間部では?

引用:https://toyota.jp/vitz/

車を選ぶときにデザインや性能だけを見てしまい、購入後に予想より運転がしにくくて、すぐに飽きてしまったことはありませんか?

そこで今回は、コンパクトカー市場の中心核とも言えるトヨタのヴィッツの運転のしやすさについて紹介していきたいと思います。

ライバル比較とともに雪道や山間路、街中などの運転のしやすさを紹介しているので、購入を悩んでいる方は是非参考にしてみてください。

ヴィッツの運転しやすさをライバル比較

まず最初にヴィッツの運転のしやすさをライバルのフィットと比較してみたいと思います。

19-2

両方ともコンパクトカーでは人気の車種となっているので、どちらが運転しやすいか気になりますよね?

まずフィットですが、現行のフィットは初期型よりパワートレインが滑らかになっているので、ドライビングには最適となっています。

乗り心地やハンドリングに関しては、やや重厚感があり、少し重たいような感じとなっているので軽快感としては乏しい感じとなっています。

その為、コーナリングなどでハンドルを切るときには少し力が必要で軽さを求めている人には物足りなく感じてしまうでしょう。

加速時はエンジン音が少し気になりますが、切れのある走りが楽しめるでしょう。

加速は右足と直結したかのような加速感が得られ速度キープも楽にできるようになっています。

その為、パワートレインも含めて車全体の印象としてはなかなか悪くはないでしょう。

次にヴィッツですが、今までは「ヴィッツ以外に良い車があるからヴィッツにこだわる必要がないよな」と思われていました。

しかし、マイナーチェンジを行ってから走りに磨きがかけられてクオリティや使い勝手が進歩したので「ヴィッツを選ぶのも有りだな」と思わせるくらい質感の向上や走行性能の底上げで存在感を増しています。

ヴィッツはフィットと違って重量感はないですが、軽快感があり、滑らかな走行が可能となっています。

ハンドリングも軽いので、操作の動きも早くできるので交差点などで曲がるときに外に大きく広がることが無く曲がることができます。

女性の方でも楽々とハンドル操作ができるのでヴィッツは通勤や買い物などの日常で使用するには最適な車となっています。

スポンサーリンク

ヴィッツの雪山や山間路での運転しやすさは?

ヴィッツの運転のしやすさは、ライバルと比べて秀逸なのか?雪道や山間部では?

次にヴィッツの雪山や山間路での運転のしやすさです。

まず2WDのヴィッツで雪山や山間路を走行しましたが、2WDなので雪道などではスリップしやすく、慎重にアクセルを踏まないといけません。

車体バランスは良いので、コーナリングの時などはあまり滑ることがありませんでした。

そして、山間路は問題なく走行することができますが、アクセルを強く踏まないと上るのにしんどく、エンジンも唸っているので「頑張っているな」という感じです。

2WDでは限界を感じることがありますが、ヴィッツには4WDのグレードも発売されているので、4WDでの運転のしやすさを紹介したいと思います。

まず雪道ですが、4WDは前輪と後輪に50%/50%のトルク配分をしているので安定した加速や走行が可能となっています。

雪道での加速時にタイヤがスリップしても駆動している分スリップがすぐになくなり、進むことができます。

スリップがしにくいので、安心感もあり、雪に慣れていない人でも気を使うことなく運転できるでしょう。

そして山間路ですが、出力やトルク数も2WDより高いのでスムーズに上りなどを走行することができ、エンジンが唸ることも少ないので不安を感じることもなくなるでしょう。

そして、山間路はコーナリングも多いですが、ヴィッツ4WDはドッシリ感もあり、バランスも良いので外に振られる力が弱いので体への負担も少なく、運転していても疲れにくいです。

個人的ですが、雪の降る地域に住んでいる方や、山間路を普段からよく走行する方はヴィッツ4WDを選択しておくとスムーズに走行できるのと安心感もあるので運転中のストレスや気遣いを軽減することができるでしょう。

スポンサーリンク

ヴィッツの街中での運転しやすさは?

19-4

次にヴィッツの街中での運転のしやすさについて紹介していきたいと思います。

街中では、舗装されているので2WDのヴィッツでもスムーズに走行することができます。

ヴィッツは2017年のマイナーチェンジで性能が極端に上がった訳ではないですが、運転していると車全体がしっかりしているような感じで街中でも「これはいけるんじゃないかな」と思わせるものがあります。

マイナーチェンジ前から、もともとヴィッツは乗り心地は悪くなかったですが、マイナーチェンジでボディ剛性が向上しており、今までよりしなやかさが増しています。

このマイナーチェンジでの進化は期待以上の仕上がりとなっています。

そして、ボディ剛性がアップしていることで、道路のノイズや振動が小さくなっているので、気を取られることが無くなります。

加速面ですが、ヴィッツは正直加速は良いとは言えませんが、ベーシックカーとしては最適な感じで、アクセルを強く踏んでもエンジン音があまり大きくないので、気になることはないでしょう。

ヴィッツは、コンパクトサイズなので繁華街や郊外の住宅街の狭い道でも楽々と走行することができ、狭い道で対向車が来たとしてもかわしやすいので、ドライブだけではなく普段の買い物や通勤などには最適となっています。

そしてヴィッツの最小回転半径は4.7m(スポーティタイプは5.6m)と小回りが良いので、よっぽど狭い道ではない限り切り返すことなくUターンや曲がることができます。

ステアリングは、とても軽くなっているので女性の方でも腕が疲れることがほとんどなく、滑らかにハンドルを切ることができます。

ステアリングは軽いが、ちょっと凸凹になっている道路を走行した時に、振動でハンドルがブレることもないのでヒヤっとすることもなくなるでしょう。

ヴィッツの雪道や山間路、街中での運転のしやすさについて紹介しましたが、ヴィッツはボディ剛性やバランスが良いので、コンパクトカーでは上位に入るくらい運転はしやすいと思います。

ヴィッツだって欠点もある

ヴィッツの運転のしやすさは、ライバルと比べて秀逸なのか?雪道や山間部では?

ヴィッツは、操作性や安定性、走破性のバランスが良く多くのユーザーから高評価を得ていますが、そんなヴィッツでも欠点があるので紹介をしていきたいと思います。

その前に、ヴィッツのメリット・デメリットについては、こちらで話しています。

まずヴィッツのエクステリアデザインの欠点ですが、2017年にマイナーチェンジを行い、フロント部分が押し出しているような感じとなっています。

他のコンパクトカーと比べると個性が強いデザインとなっているので、好き嫌いがはっきり分かれやすいです。

エクステリアでは、インパネなどは初代ヴィッツからは特に変更などがないので少し古臭い感じで高級感などはないです。

上位グレードのハイブリットなどのインパネなどの内装は高級感のあるものとなっています。

室内空間は、コンパクトカーなのでそこまで広いとは言えず、特に後部座席は室内高が前より低いので男性が座ると圧迫感を感じてしまうことが多いです。

後部座席のドアの収納ですが、ドアポケットやボトルホルダーが装備されていないので、家族や友達と出かける時は後部座席の人は少し不便になると思われます。

そして荷室スペースは、ライバルのフィットなどと比較するとヴィッツの方が荷室スペースが狭くなっています。

走行時では、大きめの男性なら少し目線が高くなるので、死角が多くなりコンパクトカーですが、曲がるときや駐車するときには、前が出ている分、気を使わなければいけないことがあります。

以上がヴィッツの欠点ですが、走行性能や安全性能に関しては欠点と言える部分がなく、欠点のほとんどがデザインに関してのこととなっています。

ヴィッツの運転のしやすさ まとめ

今回はヴィッツの運転のしやすさについて紹介させていただきました。

人によって何を求めているのかは違いますが、軽快感を求めている人にはヴィッツがオススメとなります。

たぶん今発売されているコンパクトカーの中では1番軽やかなドライビングができるのはヴィッツではないでしょうか。

ハンドリングの軽さなどは個人差があるので、興味がある人は1度試乗をしてみてどれくらい軽くて扱いやすいのかを体験してみてください。

新車の値引き金額よりも、更に50万円やすくする裏技!とは

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、新車の購入を
検討しているけど
悩みは尽きません…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

車の情報を
ネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、
誰も答えてくれません。

家族に相談しても、
「じゃあ安いこっちでいいじゃない」
と一蹴。

違うっ!そうじゃないんだ!

そんなあなたにおすすめの裏技は
こちらです。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使う!
たった、これだけです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になる
ことも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

コメント