スペーシアカスタム 値引き相場と最新情報を口コミから集めてみた

スポンサーリンク

SUZUKIが発するプレミアムな軽ハイトワゴン「スペーシアカスタム」。

今回のテーマはスペーシアカスタムの値引きです。

最新の値引き相場と、その限界、から交渉テクニックまでまとめていきますよ。

スポンサーリンク

スペーシアカスタム 値引きの限界と相場

早速ですが本題に入っていきましょう。

スペーシアカスタムの値引き相場を考えていく上で、気になるのは実際のところ値引きの限界つまるところ最も値引きされた最高額や軽自動車の新車では大体どのぐらいの値引き相場になるのか。

こういった部分、気になっている方は多いかと思います。

スペーシアカスタムのグレード別の新車価格と、そこからいくら値引きされるかの限界、さらに大体の値引き相場を口コミ評価などを参考に見ていきましょう。

○スペーシアカスタム グレード別の新車価格

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/spacia_custom/detail/

  • スペーシアカスタム HYBRID XS ターボ 【2WD】1,787,400円 【4WD】1,908,360円
  • スペーシアカスタム HYBRID XS 【2WD】1,690,200円 【4WD】1,811,160円

スペーシアカスタムの標準グレードで、実際には最上位グレードとしてスペーシアカスタムの装備が余すことなく搭載されているグレードになります。

HYBRID XS では、エクステリア(外装)では15インチのアルミホイールを装着、一つ下のグレードHYBRID GSでは、14インチホイールですので1インチのサイズアップ。

力強いフロントマスクと相まって迫力としては、まずHYBRID XSの方が強く出ます。

そして、機能面ではHYBRID GSでは片側ワンアクションパワースライドドアだったのに対して両側ワンアクションパワースライドドアと変更。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/spacia_custom/comfort/

インテリア(内装)については、スリムサーキュレーターが搭載され車内の空調を快適にし、本革巻きステアリングと本革巻きシフトノブと上級グレードならではの装飾に加え、ターボモデルではパドルシフトまで搭載されます。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/spacia_custom/detail/index_gs.html

  • スペーシアカスタム HYBRID GS 【2WD】1,576,800円 【4WD】1,697,760円
  • スペーシアカスタム HYBRID GS 【2WD】1,517,400円 【4WD】1,638,360円【衝突被害軽減ブレーキ非装着】

より手ごろなプライスでスペーシアカスタムに乗りたいのであればHYBRID GSグレード。

ターボ設定がなく、2WD、4WDと衝突被害軽減ブレーキがないパッケージがあります。

HYBRID XSでも取り上げた装備の違いに加えて、デュアルセンサーブレーキサポートや誤発進抑制機能といった衝突被害軽減ブレーキが除外され価格を5万円ほど値引きしたグレードが特徴です。

さらには、カラーバリエーションも限定化されブラック2トーンルーフの4種が除外されます。

○スペーシアカスタムの値引き相場目安

一般的な軽ハイトワゴンを新車で購入した場合の値引き相場は発売当初の段階では「5~15万円」の値引き相場が目安とされています。

この値幅の中でも、グレードが高い車ほど値引き金額は大きくなるので価格が高いほど値引き額も割合として大きくなることを押さえておきましょう。

ついで、限界額も発売時期からして20万円程度の値引きを限界と線引きすることができそうです。

値引き交渉あるいは商談を成功したかを考える際には、おおむねグレードごとの価格差が10万円前後であることから最初の予算でワンランク上のグレードが購入できるイメージが良さそうですね。

これらを参考に、今現在スペーシアカスタム値引き最新情報と今後の値引き相場を予測してみましょう。

スポンサーリンク

スペーシアカスタム 値引き最新情報と時期

スペーシアカスタムの値引き最新情報をみていきましょう。

ここ最近で、スぺーーシアカスタムを購入された方は大体いくらの値引きでゴールしたのでしょうか。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/spacia_custom/styling/

値引き額が大きく、売れているのはHYBRID XS

口コミ評価を調査してみると値引き交渉されてる方が多く、値引き額も大きいのは「HYBRID XS」でした。

値引き成功の前例が多いことはあなた自身が値引き交渉する際にもひとつの強みになりますから、これは重要な情報になってくるでしょう。

  • ナビや純正オプション、ディーラーのメンテナンスパックが10万円ほど、値引き額としては総額から9万円値引きしていただきました。
  • 他車のNBOXも検討中で、それをダシに値引き交渉して17万円程度値引きしてもらいました。
  • 全方位モニターから定番のバイザーなどいわゆるフルオプションで、ナビやドラレコでも15万円ほどの見積もり、値引きは25万円ほどで決着。
  • タントカスタムと引け合いで値引き交渉しました。元々の価格としても前者の方が安いのでフェアではない気がしますが、結果的にスペーシアカスタムをそれより安く購入できました。

実際のスペーシアカスタムの値引きに関する口コミはこういった結果になりました。

発売からのおおよそ2年経過して、先ほどお伝えした軽自動車の新車値引き目安から変化があったことが伺えます。

値引き交渉前提で考えるのであれば、やっぱりHYBRID XS ターボが成立しやすいようです。

20万円を超える値引き額の方も多く、最新の値引き情報としては欲しいオプションは我慢せずとも、オーダーした方が結果的に値引きで安く購入できそうと期待が持てます。

これからスペーシアカスタムを購入するなら時期は?

ごく当たり前ですが、新型として発売されモデルチェンジが噂されその時期がを迎える。

その時の経過とともに安くなる、もしくは値引きされやすくなる傾向があります。

それに付け加え、新車で車を購入するのにおすすめできる時期が存在します。

具体的には、2月あるいは8月が新車を購入するのであれば狙い目とされる時期となります。

これは、ディーラーの決算時期が関係していて、決算セールの広告を見た経験は誰しもあるかと思いますがその時期を狙って商談にいくのはおすすめできるでしょう。

さらに具体的にドンピシャなタイミングを求めるのであれば、モデルチェンジの噂を神経質に探すのもひとつの手段ですがちょっと現実的ではありません。

手軽でオススメなのは、ディーラーの開店時間にすぐ来店する事。

ディーラーの多くは、開店前にはその日に予定を整理するとともに、成約がもう少しで完了しそうな顧客あるいはあと一押しで契約が取れそうな顧客を整理します。

それと同時に、新規の顧客の目標を考えるといったちょっとしたミーティングを行います。

つまりは、ディーラーの営業マンのモチベーションとしては顧客を取る意気込みが最も強い時間帯こそ開店時間すぐのタイミングであるといこと。

それに加えて、試乗だけや下見だけのためにわざわざ朝一番に来店するお客さんはまずいませんよね。

値引き交渉や商談が煮詰まってきて「あとでご連絡を差し上げます」といったフレーズも一日の始まりでもあるこの時間は使いやすいです。

値引き交渉に最も最適で、ディーラー側としても商談しやすい時間という意味でコンセンサスするのがこのタイミング。

決算前の時期に開店直後の時間が最も値引き交渉に適したタイミングと言えるでしょう。

スポンサーリンク

スペーシアカスタム 値引き最新テクニック

スペーシアカスタムの値引き交渉のベストな時期を覚えたら、値引きのテクニックをみていきましょう。

①見積もり書は複数とって比較する。

これはもはや大定番で口コミにもありましたよね。

気になっている車種と比較して値引き交渉で使っても良いんですが、同じ車を複数のディーラーで見積もってもらうのも良いでしょう。

最も値引きの期待の高いディーラーあるいは、普段から面識のあるディーラーは最後に。

逆にそこまで値引きが良くないと考えられるディーラーへは最初のうちに見積もりをしてもらいましょう。

最終的な目的は、比較できる見積もり書がたくさんある状態すなわち、最高の材料を手にした状態で本番に挑むことです、

②値引きの期待値の高いシーズンに商談へ

同じくさきほどもお話しました。

2月、8月といった決算シーズン前のディーラーへ向かう事。

見積もり書など多くの材料を手にしたら、最大限に値引きが期待できるシーズンで値引き交渉の成功する確率を底上げしていきましょう。

キーポイントは、他車種、他社の価格の比較をする見積もり書という減額材料(X軸)と最も値引きがされやすい車をディーラーが売りたい時期といった材料(Y軸)です。

③見積もり書はここをチェック!削れる費用は削ってしまう。

チェックしたい部分は3つ・納車費用・車庫証明・クリーニング代といった自分自身でやろうと思えばできてしまう手続きや作業。

もちろん車庫証明は、手続き自体は簡単なんですが日にちがかかってしまうものではあるのでお忙しい方や面倒な人は代行をお願いしても良いでしょう。

納車費用については、店頭へ出向いて受け取ってしまば良い話なので最も削りやすくディーラー側からしてもひと手間省けてメリットはあります。

クリーニング代なんですが、これも新車に関してはほぼ不要な場合とディーラーによっては抗菌加工やらコーティングなど含んでいることもあり得るので事前チェックが必要です。

前提条件として、値引き交渉がある終盤に差し掛かった時に話を持ちかけるようにしましょう。

値引き額の分をこちらのカット可能な費用からもともとマージンをとっている可能性もありえます。

スポンサーリンク

スペーシアカスタム 値引き まとめ

最後まで読んで頂きありがとうございます。

スペーシアカスタムに値引きも、結構な金額が期待できるようになりましたね。

人気車種である分、売り手も値引き覚悟で商談をしているのではないではないかと思ってしまいます。

人気車種ということはそれだけ売れていて商談の回数も多いですから。

ともかく、この最新の値引き情報をみてみると同じ予算で発売当初であればグレードが廉価モデルだったのがベースグレードが買えてしまうほどの違いを感じられます。

そう考えると、スペーシアカスタムを長く乗るためにも豪華装備で値引きしていただいて燃費も良い事ですし普段の足として最高ではないでしょうか。

コメント