ノートe-POWER NISMO色はリセールバリューから選べ

スポンサーリンク

clip_image002

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note.html

車のカラー(色)選びは、リセールバリューを考えていますか?

実際、カラーで買取価格は大きく変わる!

10社の買取見積りを取って調べる!

 

色選びは自分のセンスや個性が出るもので、車選びの中でも楽しみの一つとなっています。

しかし何も考えずに色を選ぶと後悔することがあるので、今回はノートe-POWER NISMOの色とリセールバリューについて紹介していきたいと思います。

リセールバリューとは、購入した価格を再度販売するときの価値の事で、要は買った物をもう一回売った時の売値の事で下取りや買取価格の基準にもなります。

リセールバリューはで決まるのかと言うと、大きく分けて、車の車種・グレード・ボディカラーで再販価値が決まります。

その為、ノートe-POWER NISMOを購入するときにリセールバリューの高い物を選ぶと手放す時に購入した価格と下取りや買取価格の差を少なく済ませることができます。

リセールバリューが高くなる1番の理由としては、「人気」です。

人気の車種や色は需要が多いので車種や色で集客できるので価格が多少高くても購入する人が多いので価値が下がりにくくなっています。

逆にリセールバリューが低い車種や色だと価格で勝負をするしかなので、どうしても販売するときに価格を下げるしかないので再販価値が低い状態となります。

では、ノートe-POWER NISMOの場合はどの色がリセールバリューが高いのか紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

ノートe-POWER NISMO色のラインナップと人気色

21-2

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note.html

まず、ノートe-POWER NISMOのボディカラーを紹介したいと思います。

ノートe-POWER NISMOの色のラインナップは、

  • 「スーパーブラック」
  • 「ダークメタルグレー」
  • 「ブリリアントシルバー」

で特別塗装色として

  • 「ブリリアントホワイトパール」
  • 「ガーネットレッド」

があり、全5種類の色から選ぶことができます。

特別塗装色の

「ブリリアントホワイトパール」は37,800 円で

「ガーネットレッド」は48,600 円が追加で必要となっています。

その中で人気がある色は、スーパーブラックブリリアントホワイトパールとなっています。

スーパーブラックは追加料金が発生しないのとスーパーブラックは、大人な雰囲気と渋さを演出できる色なので人気となっています。

ブリリアントホワイトパールは特別塗装色で追加料金が発生しますが、女性や40代以上の人から人気があります。

スーパーブラックは若いイメージがありますが、ブリリアントホワイトパールはどの年代の人でも似合う色で場面によって落ち着いた雰囲気やスポーティに攻めるような雰囲気の両方を持っているので人気となっています。

スポンサーリンク

ノートe-POWER NISMOリセールバリューの高い色

次に上記で紹介したノートe-POWER NISMOボディカラーの中でリセールバリューの高い色を紹介したいと思います。

21-3

リセールバリューの高い色を紹介する前に、リセールバリューが高い色の特徴を紹介します。

リセールバリューが高い色の特徴

リセールバリューが高い色の特徴としては、男性からも女性からも人気があり、幅広い年代の人からも人気がある色がリセールバリューが高くなる傾向となっています。

ノートe-POWER NISMOのリセールバリューが高い色の1つ目は「スーパーブラック」となっています。

スーパーブラックは、どちらかと言うと男性のほうが選んでいる人が多いです。

スーパーブラックは、スタイリッシュで、高級感が増した感じとなり、よりスポーツカーのような雰囲気となるため年数が経っていても人気があるので価値が下がりにくいのでリセールバリューが高い色となっています。

そしてもう一つが、「ブリリアンホワイトパール」となっています。

ブリリアンホワイトパールは男女問わず年齢層も広く、ブリリアンホワイトパールを選ぶ人が多いです。

スポーティさはありますが、少し落ち着いた雰囲気で若い人から年配の人まで乗っていても違和感のないカラーなので人気がありリセールバリューが高い色となっています。

リセールバリューの高い色は、ノートe-POWER NISMOに限らず他の車種でも「ブラック系」と「ホワイト系」の色が5年後になっても人気が落ちにくいのでリセールバリューが高い傾向となっています。

リセールバリューが高い色と低い色ではどれくらい差が出るのかと言うと、

例:

100万円で車を購入して5年後に手放す時にリセールバリューが高い色だと70万円の価値が付くとして、リセールバリューが低い色だと40万円程度しか値打ちが付かないです。

その為、乗り換えをする前提で購入するのであれば、購入時にリセールバリューの高い色

などを選んでおくとお得になる場合があります。

一方、乗り潰れるまで乗るという方は、自分の好きな色を選ぶと良いでしょう。

スポンサーリンク

ノートe-POWER NISMO車体色選びの基準

次は車体色選びの基準について紹介したいと思います。

21-4

上記でも言いましたが、基本自分の好きな色を選ぶ事が飽きずに長く乗れるので、自分好みの車体色を選んでください。

色にこだわりがない人は、リセールバリューの高い色を選ぶと手放す時に再販価値が高いのでお得になり良いのです。

1つポイントとして、ノートe-POWER NISMOには特別塗装色の「ブリリアントホワイトパール」「ガーネットレッド」があります。

その特別塗装色は市販のカーショップでは販売していない可能性が高いので、もし傷をつけてしまった場合ディーラーに修理をお願いしないといけないので費用がかかる事があります。

その為、特別塗装色以外の色の中から選ぶと万が一の時は市販の傷消しで対応できるので、費用を抑えることができます。

そして、もう一つはカスタムする内容で車体色を決めることです。

例えば、「ホイールやシートなど全体的に黒で統一したい」と思っている人は車体色もスーパーブラックにして渋さを演出ししてみると良いでしょう。

車体色をブリリアントホワイトパールにしてメッキのホイールを装着して派手さを演出したりとユーザーによってこだわりのカスタムをしている人が多いです。

車体色を決める際に自分はどんなカスタムをする可能性があるのかを考えて車体色を決めることもポイントです。

もし適当に色を決めて後で「黒にしといたらよかった」と後悔しても遅いので購入の際はしっかり考えて決めるようにしてください。

スポンサーリンク

ノートe-POWER NISMO ボディメンテナンス

最後はノートe-POWER NISMOのボディを長持ちさせるメンテナンス方法を紹介したいと思います。

21-5

車のボディは、ホコリや雨、太陽の光などで劣化してくるので定期的にボディメンテナンスを行わないとボディの色が薄くなって来たり、傷が付きやすくなったりします。

ボディを長持ちさせるのに必要なのは、コーティングです。

コーティングを行うと、ワンランク上の艶と光沢が長期間持続し、愛車を汚れから守る防汚性が向上するので綺麗なノートe-POWER NISMOを保つことができます。

ボディメンテナンスには、ディーラーで行うものと市販品で行う2種類があります。

まず、ディーラーで行うコーティングは新車登録時にコーティングをする場合53,460円で、購入後に走行してる状態でコーティングをする場合は58,860円で行うことができます。

市販のコーティング剤を使用する場合は、1000円~8000円ととても幅が広く種類も多くあります。

ディーラーのコーティングは金額だけ見れば高いと思いますが、日産車をより美しく魅せるために日産車の塗装、塗膜に合わせて開発された日産車専用設計の特別なボディーコーティングを使用しているので確実に綺麗に仕上がります。

市販の物でも綺麗にコーティングされますが、自分でコーティング作業をするので慣れていなければムラができてしまったり、ボディに合わなくてコーティングされないことがあるので、お金がかかりますが最初はディーラーでコーティングを行ってもらう方が良いと思います。

コーティングは1回すれば3年以上は長持ちするので頻繁にコーティングする必要がないのでそこまで高い金額ではないと思います。

注意点としては、コーティングしたから水洗いだけで済ませているとコーティングの効力も下がるので、定期的に洗剤で洗車を行い、その後にワックスを塗るとコーティングの効力が長持ちします。

ワックスは防水効果だけではなく、コーティング剤も守ることができるので、面倒くさいと思いますが、3カ月に1回ぐらいはワックスを塗るようにしてください。

スポンサーリンク

ノートe-POWER NISMO色 まとめ

今回は、ノートe-POWER NISMOの色について紹介しましたが、基本自分の好きな色を選ぶようにしてくださいね。

何色かで悩んでる場合はリセールバリューの高い色を選ぶと良いですが、好きな色ではなくリセールバリューの事を優先して色を選ぶとすぐ飽きてしまうのでできるだけ好みの色を選んでください。

コメント