スペーシア スズキ 新古車・中古車の最新相場 と人気車選び最新情報

高い居住性と燃費の優秀な走りをそなえた「スペーシア」。

新型も今年でデビューから2年目に突入です。

そろそろ新古車・中古車を狙っているあなた!

最新情報からスペーシアの新古車・中古車の探し方までお届けしますよ。

スポンサーリンク

スペーシア スズキ 新古車・中古車の最新相場

スペーシア ハイブリッドとは、燃費性能は良い のか口コミで検証

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/spacia/styling/

スペーシアの新古車・中古車の最新相場をまとめてみました。

まずは、新車時のスペックから見ていきましょう。

 

○スペーシア HYBRID X

【2WD・CVT】1,468,800円

【4WD・CVT】1,589,760円

○スペーシア HYBRID G

【2WD・CVT】1,333,800円

【4WD・CVT】1,454,760円

○スペーシア HYBRID G 衝突被害軽減ブレーキ非装着車

【2WD・CVT】1,274,400円

【4WD・CVT】1,395,360円

 

現行モデルのスペーシアのラインアップはこの3種類のみ。

歴代の型と比べると、厳選されている印象でどのメーカーも主力の軽自動車はグレードが多すぎて選びづらいです。

ここまで、絞れていると新古車・中古車を探すときも分かりやすいですね。

燃費や機能など細かい部分はこちらに書いてあります↓↓

【スペーシア スズキ 新型の評判とイチオシの人気車最新情報を見てみる】

スペーシア スズキ 新古車の最新情報

スペーシア スズキ 新型の評判とイチオシの人 気車最新情報を見てみる

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/spacia/styling/

キャンセルや、ご発注、店頭展示されていたデモカー。

これらは未使用の「新古車」として販売されています。

スペーシアの新古車の最新情報ではどんな相場でしょうか?

 

○スペーシア スズキ HYBRID X グレード 新古車の最新情報

  • 143万円~169万円
  • 価格が上がるほど、装備も充実します。
  • サイドバイザー、全方位モニター、ヘッドアップディスプレイ、ETC、ブルーレイ対応フルセグナビなど。
  • 同じ条件の新車より、オプション込で最低でも10万円は総じて安くなっています。

 

○スペーシア スズキ HYBRID G グレード 新古車の最新情報

  • 119万円~136万円
  • 価格が上がるほど、装備も充実します。
  • サイドバイザー、全方位モニター、ヘッドアップディスプレイ、ETC、ブルーレイ対応フルセグナビなど。
  • 同じ条件で新車より、オプション込で最低でも10万円は総じて安くなっています。
  • しかし、割安感はXより廉価グレードなので新車価格との最大差額は低いです。

スペーシア スズキ 中古車の最新情報

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/spacia/styling/

とにかく安く探すなら、やっぱり中古車でしょう。

スペーシアの中古車なら、まだ試乗車など少しの距離しか走っていないリセール品が多いですよ。

○スペーシア スズキ HYBRID X グレード 中古車の最新情報

  • 124万円~142万円
  • 価格と装備については新古車と同じ。
  • 走行距離は走っていても1万㎞半ばぐらい。
  • 新車価格より30万円ほど安いのがXグレードの中古車相場。
  • ほとんど新古車とキレイさは変わらない。

○スペーシア スズキ HYBRID G グレード 中古車の最新情報

  • 104万円~124万円
  • デモカーからのリセールが多い印象
  • 走行距離は走っていても1万㎞半ばぐらい。
  • 新車価格より20万円ほど安いのがGグレードの中古車相場
  • 一桁㎞台の走行距離なら未使用者扱いが多い
スポンサーリンク

スペーシア スズキ 新古車・中古車の人気車

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/spacia/styling/

新古車・中古車で人気が高いのは僅差で「HYBRID G 2WD」モデルでした。

本体価格が100万円を切るスペーシア HYBRID G  2WDは、すぐに買い手がつくようで中古車サイトでも1月以上掲載されることはありません。

装備が充実していて、価格も新車価格より20万円安い=Xグレードの同じ装備で40万円は安いです。

廉価グレードとは言え、最新の軽自動車ならクオリティが低いことはないのもポイント。

スペーシアとしての広さや燃費、走りの性能はどのグレードでも同じ。

これを求めて購入する方も多いのが実際のところです。

ちなみに、装備で人気なのは

  • 全方位モニター
  • ETC
  • フルセグナビ

この3つが人気で、デモカーや展示車をディーラーが販売してると全方位モニターに対応しているナビが付けられます。

新車で純正のナビでフルセグ付きは結構な高額オプションなので、安く手に入るのも人気の理由でしょう。

スポンサーリンク

スペーシア スズキ 新古車・中古車の探し方

 

新古車・中古車の探し方は大きく分けて2つ。

中古車専門店など実店舗で探すか、ネットで探すかの2通りあります。

ここで大きく取り上げるのは後者、ネットを使った場合で細かくみると3種類の探し方があります。

  • グーネットやカーセンサーなど中古車サイト
  • フリマアプリやネットオークション
  • カーオークション

それぞれの特徴をおさえてお得にスペーシアの新古車・中古車をゲットしましょう!

 

中古車サイトの特徴

実店舗で探すにしても、どこに、どんな車があるか?いちいち電話やメールで聞くのは現実的ではありません。

スペーシアとそのグレード欲しい装備を条件全国の中古車販売店から検索することができる中古車サイト。

圧倒的に情報量があります。

理想的な使い方としては、いくつか候補を絞って実際に見に行く、そして試乗できるならするのが賢い探し方と言えるでしょう。

たくさんの車が毎日登録されるので、私自身チェックするのは楽しいので好きです。

 

フリマアプリやネットオークションの特徴

中古車販売店では出回らないような、わけあり特価品をお探しならメリットは大いにあるかも。

最近は、誰でも簡単に個人で車を売ることができるようになりました。

スペーシアは新しい車なので、実際のところ滅多にこちらで売られることは残念ながらありません。

ですが、旧型のスペーシアだと結構なお買い得価格で売りに出されることもありますよ。

あくまで素人間での売買がメインなので、ノークレームノーリターンのためリスクは無きにしも非ず。

こちらもやっぱり現物をみての購入が失敗しないコツです。

 

カーオークション

中古車を業者が仕入れるために使うカーオークション。

全国各地のオークション会場で、競売が行われます。

業者向けなので、一個人の参加は不可能ですが代行業者を利用することで間接的に利用が可能です。

手数料はかかりますが、安い値段で購入しやすい反面。

目利きは代行業者のスタッフによるものなので、自分で現物確認できないのがデメリットです。

 

スポンサーリンク

スペーシア スズキ 新古車・中古車選びの注意 点

スペーシアって新しいし見た目もキレイで安くていい買い物できた!

浮かれていると潜んでいるトラブルにやられますよ。

新古車・中古車ならではの注意点も知ってきましょう。

 

○新古車・中古車なら修復歴に注意しよう

中古車なら過去の事故による修復歴は、言わずとも確認するひとは多いはず。

中古車サイトでも鑑定書付きの車両は保証もついて信頼を得やすい。

凹みやキズをチェックするのは当たり前ですが、状態の良いとされる「新古車」でも確認するようにしましょう。

展示品や試乗車でも不具合が起こりうるのです。

例えば、ドアの開閉の調子が片側だけ悪いとか見た目以外のトラブルって少なくはないんです。

想定できること全てを、入念にチェックしなければ後で後悔することになりますよ。

次いで保証期間も商談の際にチェックする事をおすすめします。

 

○個人間で中古車を購入するなら

さきほどもお伝えしました。

フリマアプリやネットオークションを使って購入するなら注意したい事。

原則として、素人同士の売買になることが前提です。

だからこそ、処分できればよしと破格で売られていることもありますが、取引後の保証は当然ありません。

売り手が無意識にもトラブルを起こしてしまうなど、特に名義変更などで起きやすく必要な手続きもしっかり下調べしておく必要があります。

中古車の状態確認にも注意が必要です。

意外とフリマアプリやネットオークションでも交渉してみれば現物確認には対応してくれるものですよ。

スポンサーリンク

スペーシア スズキ 新古車・中古車 まとめ

最後まで読んで頂きありがとうございます。

今回は、スペーシアの新古車・中古車について色んな情報をまとめてみました。

私自身は、新車、新古車、中古車の中でも中古車が好きです。

細かく言うと走行距離5万km未満ぐらいで、しっかり乗られてるけど、まだまだこれからの中古車。

特に、ゴリゴリのカスタムじゃなく、さり気なくホイールだったりシートが変更されている車両が良いです。

社外品のパーツってマイナス査定になることもあるんですが、個人的には楽しいで車と付き合っているオーナーさんなんだなぁっと感じます。

買うか、買わないかは別として中古車サイトやフリマアプリで探すのは結構面白いですよ。

 

コメント