ノートe-POWER NISMOエコカー減税と税金と諸費用は、どのくらい

clip_image002

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note.html

ノートe-POWER NISMOは、ノートe-POWER をスポーティに仕上げて、ノーマルでは体験できない加速性能がとても話題となっています。

電気モーター駆動で、電気モーターだからできるゼロ発進時から最大パワーを発揮し、体全体にかかるGはとても圧巻です。

今回は、ノートe-POWER NISMOを購入するにあたっての税金や費用について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

ノートe-POWER NISMOエコカー減税とは

24-2

エコカー減税と言う言葉は良く耳にすると思いますが、以外と詳しい内容がよくわからない人が多いと思います。

私も最初は「安くなる」くらいしかわかりませんでした。

意外と知らないエコカー減税の仕組みですが、数年前から新車を購入する際によく聞くエコカー減税は、環境性能の良い車の購入時や維持していくうえで支払う税金を安くして環境に良い車を購入するように誘導する対策です。

エコカー減税とは、国土交通省が定めている排出ガスと燃費基準値をクリアし、環境性能に優れている車に対して・自動車取得税・自動車重量税が免税や軽減されることを言います。

エコカー減税は日本以外にも欧米や東南アジアなどにも広がっており、世界的に空気汚染を無くす考えを持っています。

日本では2009年に導入され、購入時にかかる自動車取得税、購入時と車検時にかかる自動車重量税、毎年かかる自動車税と軽自動車税を減税します。

当初はエコカー減税対象の車が少なかったですが、2016年には新車販売の9割がエコカー減税の対象となっていました。

エコカー減税はどのように決めているのかと言うと、国土交通省が定めている燃費基準の達成率によって減税額が決まっています。

「電気自動車」「燃料電池自動車」「天然ガス自動車」「プラグインハイブリッド自動車」「クリーンディーゼル乗用車」は、新車で購入時の取得税や新車新規検査時の重量税が免税されます。

軽自動車の場合は、「電気自動車」「燃料電池自動車」「天然ガス自動車」「プラグインハイブリッド自動車」が免税対象となっています。

「ガソリン車・LPG車(ハイブリッド車を含む)」は、燃費基準をどれだけ上回っているかで、減税のパーセントが変わってきます。

24-3

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note.html

燃費基準を達成(基準値と同じ燃費)なら取得税が20%軽減され、重量税が25%軽減されます。

基準値が+10%なら取得税が40%軽減で重量税が50%軽減、基準値が+20%なら所得税が60%で重量税が75%軽減、基準値が+30%なら所得税80%軽減で重量税は75%軽減となっています。

+40%と+50%なら所得税が非課税となり重量税も免税となります。

少し難しいかもしれませんが、簡単に言うとガソリンの消費が少なく走行できる車ほど税金などの支払金額が優遇されています。

では、ノートe-POWER NISMOはエコカー減税の対象になっているのか?対象になっている場合は、どの基準値に当てはまるのかを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ノートe-POWER NISMOはエコカー減税対象車?

24-4

ノートe-POWER NISMOは電気モーターで駆動している為エコカー減税の対象車となっています。

そして、免税は100%なので購入時の取得税や重量税が発生しません。

その為、購入時の取得税62,100円と重量税22,500円の合計84,600円 が優遇されますし、翌年の自動車税の25,500円も減税されるので、約110,100円もお得になるようになっています。

しかし、注意点として現在のエコカー減税は平成31年4月30日までとなっており、それ以降のエコカー減税の詳しい内容が発表されていないためエコカー減税を利用したい方は4月30日までにノートe-POWER NISMOを契約しておく必要があります。

スポンサーリンク

ノートe-POWER NISMO取得時の税金と諸費用

24-5

車を購入する際に諸費用や税金などを計算していなくて車体価格のみを見てしまって購入を決める人が多いですが、車体価格しか見ていなかったら支払合計金額を提示された時に予想以上の金額にビックリしてしまいます。

もし予算を決めている人の場合は特に取得時にかかる諸費用を把握しておかないと予算を越えてしまい、欲しいパーツを購入できなくなったり、担当の人に「このパーツはなしでお願いします」とキャンセルをしないといけなくなって恥ずかしい思いもする可能性があります。

新車で購入する際には、「自動車税」「自動車取得税」「自動車重量税」「消費税」の税金と「自賠責保険」「任意保険」「納車費用」「登録代行料」「リサイクル料金」の諸費用が発生します。

諸費用は、購入者に代わってナンバープレートの取得や車庫証明の書類作成、納車に向けての整備、ローンを組む場合の手続きなどを行ってもらうので、その費用になります。

ノートe-POWER NISMOの取得時にかかる費用ですが、エコカー減税対象なので、「自動車税」「自動車取得税」「自動車重量税」は100%免税なので発生しません。

その為、車体価格にかかる消費税8%と諸費用のみとなります。

まず「自賠責保険」「任意保険」の料金ですが、自賠責は契約の月数で金額が変わってきますが平均3万円くらいとなっており、任意保険は、加入者の年齢や車種で年間の支払う金額が変わってきます。

例えば、30代男性でノートe-POWER NISMOの任意保険の相場は約6万5千~7万円となっています。

月々なら7千円くらいとなっています。

販売店によっては「納車費用」「登録代行料」「リサイクル料金」をサービスしてくれるところや値引きしてくれるところもあるのではっきりした金額はわかりませんが、大体登録代行費用は3千円くらいで、リサイクル料金は1万円程度となっています。

納車費用は、自宅に車を届ける費用と整備費用などが含まれていますが、新車で整備が必要ない場合や、販売店まで車を取りに行く場合は納車費用がかからないです。

しかし、中古車の場合は、納車前に整備をしてもらってから納車しないと、納車してすぐにエンジントラブルなどになって販売店と揉めることになっても困るので中古車の場合などはしっかり整備してもらうようにしてください。

ノートe-POWER NISMOを取得するときに必要な費用は上記で紹介したように大体12万円くらい必要となりますが、1つポイントとしては、車のローンを組む際に諸費用の金額も込みでローンを組んでいる人が多いですが、そうすると金利なども高くなり総支払額が高くなってしまいます。

その為、ノートe-POWER NISMOを取得する際は、諸費用分の金額は現金で支払うようにすればローンの金額も少なく済ませることができます。

ノートe-POWER NISMO運用時の経費

最後は、ノートe-POWER NISMOの運用時の費用について紹介したいと思います。

24-6

運用時の費用とは、維持費の事でノートe-POWER NISMOを乗り続けるときにどんなお金が発生するのかを把握しておかないと急な出費でお金が支払えなくて車を手放さなくてはならないことになることもあります。

ノートe-POWER NISMOを運用していく中で発生する経費は、「ガソリン代」「税金」「自動車保険」「整備、メンテナンス」「駐車場代」などが発生します。

ノートe-POWER NISMOはエコカー減税の対象の為、自動車税と自動車重量税が免税されます。

ガソリン代は、ユーザーの使用内容によって異なりますが、ノートe-POWER NISMOは燃費性能が優れている為、月に平均1万円くらいだと思われます。

自動車保険は、自賠責保険と任意保険があり、自賠責保険は車を所有するにあたって絶対に加入しなければならない保険となっています。

自賠責保険や車検の時に支払うので、新車の場合は3年分を支払い、その後は2年分を支払うシステムとなっています。

自賠責保険料は全国1律で決められており、月千円程度となっています。

任意保険は、上記で紹介しましたが、30代男性なら年間6万5千円くらいとなっています。

整備、メンテナンスは、車検時などに古くなった部品や傷んでいる部品などを交換してもらったり、エンジンオイルなどの交換費用となっています。

オイル交換は、大体3カ月に1回くらいで、1回の費用がオイルの値段によりますが、平均2千円から3千円なので、年間1万2千円くらいとなっています。

部品交換は、部品代+工賃が発生しますが、工賃代は、整備工場によって価格が変わってきます。

ディーラーなら5千円以上かかりますが、地元にある整備工場なら3千円程度か0円になります。

駐車場ですが、自宅に駐車場を持っている方はいりませんが、駐車場を借りないといけない場合は、月々駐車場代が発生します。

駐車場も住んでいる地域によって値段が違いますが、平均1万円くらいとなっています。

維持費の合計ですが、駐車場代を含むと年間15万円くらい必要となるので、しっかり維持費を計算してお金を用意しておいてください。

ノートe-POWER NISMOエコカー減税 まとめ

今回は、ノートe-POWER NISMOのエコカー減税や維持費などについて紹介させていただきました。

車は、買う前より買った後が1番大変だと言われています。

せっかく気に入って購入した車を維持できなくて手放すことがないようにしましょう。

新車の値引き金額よりも、更に50万円やすくする裏技!とは

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、新車の購入を
検討しているけど
悩みは尽きません…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

車の情報を
ネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、
誰も答えてくれません。

家族に相談しても、
「じゃあ安いこっちでいいじゃない」
と一蹴。

違うっ!そうじゃないんだ!

そんなあなたにおすすめの裏技は
こちらです。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使う!
たった、これだけです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になる
ことも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

コメント